頑張って走りなさい~!

トンムハンクスが出演した映画(中文:阿甘正傳)、知ってる?よく走る人。
最近、毎朝自転車で妻を駅まで送って家へ帰る時に、必ず駅へよく走っている一人の女子高校生とすれ違う。もう二週間かな?いつも「なんで起こさなかったのよ~~、クソババ!」という顔をして悔しそうに走っている。本当に気の毒だ。送ってあげたかったけれど、そういう勇気は一寸出せない。まるで「小僧の神様」の議員Aさんと同じ気持ちだなぁ(そう?)。
そう言うわけで、「頑張って走りなさい」。走る
スポンサーサイト

妹の娘が二人

DSCF0353_1.jpg去年の12月に妹の二番目の娘が生まれた。祝名前は「芹」、日本語でセロリの意味だ。何故「野菜の名前」を使うのって妹に聞いたら、現在台湾ではこの字が凄く流行っているだって。確か台湾の芸能界で「季芹」、「丁小芹」というタレントがいる。単に野菜の名前だけでなく、含蓄のある漢字かもしれない。スミマセン、よく分からない。でも、まあ、可愛いよね。赤ちゃん

DSCF0379.jpg長女の「芸」と次女の「芹」。いいお姉さんねハート

新明解vs大辞林vs広辞苑

朝日新聞を読んで、新明解第六版が良さそうから昨日妻と吉祥寺に行く時に購入した。せっかくだから、それを今持っている電子辞書「大辞林」(SHARP)、「広辞苑」(CASIO)と比べてみよう。

綺麗(きれい)

広辞苑↓
美しいこと。澄んで清らかなさま。

大辞林↓
目に見て、耳に聞いて美しく心地よいさま。

新明解↓
いつまで見て(聞いて)いても飽きることが無いほど、その形・色や声・音が快く感じられ、美的感覚を十分に満足させる様子だ。

恋愛

広辞苑↓
男女がお互いに相手を恋い慕うこと。

大辞林↓
男女が恋い慕うこと。

新明解↓
特定の異性に対して他の全くを犠牲にしても悔い無いと思い込むような愛情を抱き、常に相手のことを思っては、二人だけでいたい、二人だけの世界を分かち合いたいと願い、それがかなえられたと言っては喜び、ちょっとでも疑念が生じれば不安になるといった状態に身を置くこと。

辞書にもそれぞれの個性があるってしみじみ感じたのである

ピクミン2コンプリート

ゲームキューブの最強代表作と言われているピクミン2。妻がピクミン2の広告を見て「カワイイ~」と絶賛して、去年の夏休みにゲームキューブとピクミン2セットで購入。指の動きがまったくゲームに向いてない妻は途中であきらめたが、僕はすいすいとピクミンを駆使して○○宇宙運送会社の一万ボッコの借金を返済し、さらに○○星にある全部の宝を集めるという壮大な目標を挑戦すると決意した。つい昨日、その目標が達成!祝なかなかの秀作なのに、ずっと楽しみにしていた最後のエンディングはピンと来ないなぁ~。

お正月

あっという間にお正月は終わり、日記もすっかりサボってしまった。初雪の後、一日おきに晴れ、雪、晴れ、雪の珍奇な天気が続いた。アルバイトの事情で30日に妻が先に実家へ帰り、僕は大晦日当日に妻の実家に行って一泊し、おせち料理を食べさせていただいた。
これは日本人のお正月だと言ったら周密さが欠如するかもしれないが、そもそも過ごし方が家庭によっていろいろあるだろう。妻の実家のお正月にカルチャーショックを受けたのは、まずみんなテレビは見ない。日本人はお正月に多分紅白を見るかなと高を括ったが、妻の実家のテレビが沈黙を続けた。みんな食卓を囲んでおせち料理を食べながら家族会話を楽しんだ。食べ終わったあと大きいコタツを囲んでお父さん、お母さん、タケちゃん(妻の弟)とユリちゃん(タケちゃんの奥さん)、僕と妻の四組みでマージャンをやった。
台湾マージャンのルールとの違いも一つのカルチャーショックだった。牌の数は日本は13枚で、台湾は16枚。「ヤク」、「ドラ」も台湾ルールにはない。他の人の上がり牌を捨てるのは日本で「振り込む」といい、台湾で「放槍」―発砲するロケット―という。日本の言い方はかなり分かりやすくて納得が行くけれど、台湾の言い方はワケが分からん。すみません。どうか他の台湾人友達にお聞きください。
また、大晦日の夜と元旦の朝に食べたおせち料理は美味しかったけど、ほとんど冷たい料理だった。こんなに寒いのにどうして日本人は冷たい料理を食べるの?日本料理は基本的に冷たいって知ってるけど。とにかく日本伝統的なお正月を満喫した。国旗
お昼からアルバイトがあったから、元旦早々また妻と一緒に自分たちの家に帰った。「年末年始は頑張ります」ってマネージャーと約束するじゃなかったなぁ。妻はバイトで身動きが取れない僕のために冬休みの間に一緒に家で地味に過ごした。ハート

050107_0009%7E01001.jpgあ、そうそう、妻の買った「年末ジャンボ」が特別賞一万円に当たった(写真の左)笑いお金右は三百円の「慰め賞」。早速、ヨーカドウへ欲しかった座布団を買いに行ったが、衣装福袋に踊らされた僕は一万円を散財してしまった。(妻は意外に冷静だったなぁ)そしてまたヨーカドウの福引で三等賞1000円も当たったびっくり今年はよく当たりますように。


050104_1748%7E01.jpg今年は妻の厄年なので、神社に行って厄払いしてもらってついでに初詣をした。(おや、妻の年がばれてしまうかな?ヤバイ...走るはさみ)因みに、厄払いの値段は5000円。心を安からにしてもらった上、上等お米140グラムやお酒一本や厄払い記念品(?)を頂いたから、まあ高くもなかった。御神籤を引いたら、妻は大吉で、僕は末吉。末吉といっても、凶に一番近い。すっごく気になるのは、今年の学問は「アブナイです」困ったげえええええ!マジっすか?そろそろゲームキューブを押入れにしまった方がいいかな...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。