成績発表!

平成16年度の成績通知書が今日から配られる。朝9時30分に「うわ~、怖い~!どうだろうなあ」とドキドキしながら学校へ取りに行った。手に入れて数えてみたら、

優15個、良2個。

ふ~、ホッとした。狙い通りに「オール優」でなくでも目的を達成したといってもいい程良かった。目的は何かというと、一年目に取る単位を少なめにして、力を集中して成績を上げられたら、奨学金が取りやすくなるはずだということ。それにしても、後期の期末試験はタイヘンだったなぁ、レポートやアルバイトに追い込まれて死にそうになったよ。辛くて思い出したくないぐらい。

先生の方々からよき薫陶を受け、本当に心から感謝しております。二年生になってもこの調子で頑張ります笑い

今日のトレーニング
ランニング→20分
腹筋→20回
フライ(15.5キロ)→25回
ショルダープレス(25キロ)→25回
ハイプーリー(24.5キロ)→35回
レッグエクステンション(33キロ)→30回
レッグプレス(72キロ)→35回
シーテッドレッグカール(27キロ)→35回

トレーニング記録

今日から日記の最後に当日の運動量を記録します。継続は力です。

ランニング→20分

腹筋→15回

フライ(15.5キロ)→25回

ショルダープレス(25キロ)→25回

ハイプーリー(24.5キロ)→35回

レッグエクステンション(33キロ)→30回

レッグプレス(72キロ)→35回

シーテッドレッグカール(27キロ)→35回

台湾に詳しい日本人

台湾でデビューした日本語教師だそうだ。流石(さすが)に台湾に何年間住んでいただけあって、中国語検定準二級を持っている台湾通で、台湾のブログまで書いている。台湾のことをもっと知りたい、日本語教師になりたい、と思う人におすすめ。ちなみに、台湾の人気歌手JAY(周杰倫)の情報も満載音符

どうぞご覧ください → あきぼうの隠れ家

ハムスター

050328_2100%7E01.jpgアキと家具屋さんと電気屋さんを冷やかした後、ホームセンターで木材とハムスターを買った。最初は木材を買って本棚を作るつまりだったけど、ペットコーナーでハムスターのトリコになってしまったのである。

自慢じゃないけど、銀行員時代にハムスターを一年間飼ったことがあるだけに、ハムスターは何かが必要かよく分かる。迷わずに必要なものを揃えた。家路をたどっているうちに、アキはこのメスのハムスターに「サクラ」という名前をつけた。よ~し、自分の娘のように育てるぞ!

でも、家に帰って手際よくサクラちゃんのお家を組み立ててみたら、「うわ!狭すぎる!」なぜならば、お家のセット以外に買ってきた砂浴びルームが大きすぎるからである。限られたスペースでやりくりして最大限に空間を使わなければならなかった。

アキと色々試行錯誤して、ハムスター専用布団が入っている寝室を砂浴びルームの上に置き、どうやら写真のようなやや立派なお家になったのである。梯子が無かったから、割り箸で僕が作った。よく出来ているね、この梯子。拍手

カンヅメ状態

昨日は日本晴れの上天気だったのに、今日は一変して寒くなって朝っぱらから雨が続いて湿った一日だった。午前中に仕事が一段落して、午後は図書館に行って原田宗典の「笑エッセイ」を読んだ。
J雑誌の四月号は間もなく発行するから、編集部から中国語翻訳や校正の依頼がたくさん入ってきた。ここ数日はほぼカンヅメ状態で家に引き籠ったのである。「世界との接点」といえば、家の近くの公園や学校の図書館・ジムぐらい。
公園はランニングの場所で、図書館やジムは気分転換用だ。一応翻訳家を目指しているけれども、なる前にヒキコモリになってしまいそうな気がしないでもない。早く学校へ行きたいなあ。日本の春休みは長すぎるよ~

三連休

亜紀と超~のんびりとした三連休を過ごした。土曜日はとりあえず前後不覚に寝て、午後は多摩動物公園に行った。そういえば、知り合ってから初めての動物園デートだった。ずっと前から何回も行こう行こうって言ったけど。
tama-zoo.jpg

それにしても、多摩動物公園行きの電車は可愛いなあチューリップ天気がよくて、まさに動物園日和だった。あそこはものすごく広くて、ある動物も触ることが出来て、上野より全然面白いと思う。何の動物を触ったかというと、山羊とゴキブリ。そう、ゴキブリ。しかも、世界最大級のゴキブリ
tama-gokiburi.jpg

その時多分アタマが少しおかしかった。何故僕は土曜日の暖かい午後にわざわざ動物園に行ってゴキブリを触らなければならなかったんだろう?(村上春樹を真似した。すいません)恥ずかしい話しだけど、僕はゴキブリをスリッパで叩くことや靴でつぶすことが出来ない。ゴキブリアレルギーと言っても良い程大嫌いだ。でも、その「世界最大級」という言葉に惹かれて、見に行くとこにしたのである。
うわ~、デッケびっくりと一瞬、「頭身の毛も太る」。亜紀も周りのオトナたちも「うわ、気持ち悪い」って連発。しかし、日本の子供は多分本物のゴキブリを見る機会があんまりないではなかろうか、その恐ろしい「巨虫」をかなり可愛がっているらしい。
でもよ~く見ると、余りにも大きすぎるから、何だがゴキブリじゃないみたい。と思って、僕は手を係員のほうに出した。そして、世界最大級のゴキブリは僕の手のひらに乗せられようとした時、反射的に僕の手が逃げたのだ。

やっっぱり気持ち悪い~困った

チクショウ!子供に負けるものか!恐怖感を忍んで、息を殺して、恐る恐る係員から世界最大級のゴキブリを手のひらに乗せたのである。やったじゃん!亜紀にも触ってもらいたかったけれど、どうしても手に乗せてくれなくて、軽く背中を撫で撫でしただけだった。でも、当時そのゴキブリが手のひらに走り回ってる感触を頭に浮かべると、今でもぞっとする。

幸い、ここに来る直前に、昼ご飯を食べた。

夜は台湾で買ったドラマ「HERO」のDVD(キムタク、松隆子)を一気に第三話から最終話まで観た。CMがなくても連続7時間半ぐらい。2回観たけど面白かったなあ。台詞が「あるよ」しかないバーテンダーはカッチョいい~テレビ

そのため、日曜日また前後不覚に寝て、家でごろごろした。

050324_2059%7E01.jpg月曜日は西武ドームに行ってオープン戦を観た。(写真の向きをまた変え忘れてごめんなさい)相手は永遠のライバル―ソフトバンクだった。懐が寒くてまた今度西武のファン倶楽部に入ろうと思ったものの、切符の値段は偉い差があって(外野席なら会員は800円、非会員は1500円)、3000円の会費を払って入っちゃった。





050325_0901%7E01.jpgでも、賞品はすごいよ。指定席割引券10枚、内野自由席割引券五枚、内野自由席と指定席2枚ずつ、雑誌、観戦ブック、カバン。お得お得。今年はV2を目指せ~








西武ドームは何回も来たことがあるけれど、外野席は初めてだった。いやあ、気持ち良かったよ、本当。亜紀は僕のように「野球中毒」じゃないけど、人工芝に座って野球を観るのも初めてだから喜んでいた。初春の柔らかい風を当たりながらおにぎりを食べたりコーヒーを飲んだりボーっと試合を観たりする。しかも、12対1でソフトバンクに圧勝!最高~笑い
seibu-fan.jpg

台湾の結婚式レポート(予告)

3/11に台湾に帰って伝統的な結婚式を挙げてきた。明日から一週間前に遡って報告する。楽しみにしてくださいね笑い

KIMURAのライブ

pub.jpg


050310_1200%7E01.jpg(←写真の向きを変え忘れてすいません。入場券です。2500円。)
昨日の夜、妻と一緒にKIMURAさんのライブ(抜け道はリンク集をご参照ください)に行ったけれど、始まる時間を妻が間違えて新宿のアブナイ街をウロウロしてようやくロフトにたどり着いたら、KIMURAさんのライブはもう終わっていた。そう言うわけで、上の写真に映ってる人はKIMURAさんじゃなくて、全く知らない人だった。KIMURAさんのバントを歌を聴くことが出来なくて残念だけど、せっかく来たから他のバントを聴いてみた。



あるバントの面白い歌詞を聞き取った。↓

僕の彼女は、安い石鹸で、顔を洗う~音符

メロディは軽快な感じで、この超脱力な歌詞とうまく合わせていた。天才だねと感心してしまった僕。

続きを読む

さくらももこ

図書館から借りてきたさくらももこの最新力作「ももこの21世紀日記」を読んでいる。さくらももこという作家は、日本の皆さんは知ってるでしょう。僕は結構好きだ。短くて面白いし、しかもムズカシイ漢字にはルビが付いている。漢字の意味さえ分かれば読み方をあんまり気にしないという良くない習慣がある僕にとっては、ありがたい。

読んでいて、面白い言葉遣いを発見したのである。

すっっごい不思議なマジック

へえ~、「っ」は2回連発できるのか?!ロケット
でも、考えてみると、かなり合理的な書き方だ。確かに会話の中で何かを強調する時に、「すごく」だけはなんとなく物足りない感じがして「すっごく」に変わり、さらにもっと促音の拍数を伸ばして「すっっごく」になる。促音の拍数の多さによって、話し手の強調したい気持ちがより強く感じられるのだ。何でだろうね?サボテン
そういえば、妻もよく「すっっごく」っていう。いや、「すっっっっごく」ぐらいかな。ちなみに、妻の「っっっっ」の間の表情がすっっっっっっごく可愛い! (いい加減にしろっ!力こぶ

もう一つは、

脱力土産物

しかも超脱力まで出てきた。ははは、コレは面白いなぁ。中文には似たような表現があると思う。→「没力」。
例えば、「脱力な○○先生の授業」などは使えるかな?辞書には意味しか載っていないから、どうか例文を教えてください~

王建民VS松井秀喜

matsui.jpg結構古いニュースだけど、松井が今年のヤンキス紅白戦での初アーチは台湾の投手「王建民」から放ったのだ。アテネオリンピックで長島ジャパンは王の「メジャー級」ピッチングに苦しんでいたので、松井の朗報を流したついでに王建民をVCRで日本の人々に紹介した。いやあ、嬉しかったな。笑い
正直言って、アメリカで奮闘している王建民・曹錦輝・陳金峰がいなければ、台湾の野球はまだ日本には勝てない。でも、台湾に暮らしている人々は本当にみんな野球大好きだから、この小さな小さな美麗島では、野球への情熱は消えないのだ。

大地震

今朝3時頃に、台湾で震度5.9の地震があった。しかもお昼までは合計8回で、震源地は全部僕の故郷「宜蘭」だった。家に電話して安否を尋ねてみたら、どうやら無事で良かった。唯、朝3時の一番大きな地震が起きた時に、二人の赤ちゃんの世話をしている母は慌ただしく赤ちゃんを抱いて外へ逃げようとしているけれど、余りにも緊張しすぎてドアを開けられなくてもしかしてドアが変形したかと思い、「もうおしまい」と思ったらしい。

「泣いたよ。」母はあきれた声で言った。
「赤ちゃんだから泣くのは当たり前だろう。」
「違うよ。私よ、私。」
「えっ?本当?ハハハ~」思わず失笑してしまった僕。
「そんなに面白いの?」
「あっ、ごめんごめん。」みんな無事でほっとしたから笑った。でも、確かに夜中の大地震は怖いものだ。その時の母の気持ちをよく考えたら、笑った僕が悪かった。

小学生の頃、母の働いている工場で手伝っていた時の出来事を思い出した。夕方に非常に大きな地震が起き、母は僕の手を引っ張って外へ百メートル選手に匹敵するスピードで逃げた。僕はかなりのショックを受けて全身が震えて、母を抱いて泣いた。
ごめんなさい、お母さん。

勇気のカレー

昨日妻は会社から直行で実家に帰ったから、一人で残り物スペシャルカレーを作ってみた。新ジャガイモ、にんじん、玉ねぎ、白菜、冷凍庫で一ヶ月ぐらい眠っていたひき肉。白菜は初めてだけど、まあ大丈夫だろうと思い切って入れてみた。ふむ、なかなかイケルじゃないか!白菜の甘味がきいててうまい~ごはん

カレーって不思議な食べ物だ。日本に来る前に台湾での26年間一度も食べたことがなかった。けど、カレーが好きな日本に来てから、食べない訳にはいかない。味に慣れたら、結構美味しいし、どちらかというとヤスイ。ほとんど何の野菜を入れても食べられる。でも、余りにも簡単すぎて、妻の話によると、日本ではカレーが出来るって料理が出来るとはいえないらしい。テレビ番組を見て、日本の主婦もスーパーでカレーを作るための定番野菜を買うとき、出来るだけ近所の奥さんたちに見られないようにする。
その気持ちはなんとなく分かる。スーパーのレンジで並ぶ時に、他人のカゴに入っているものをジロジロ見ると、その人の生活や性格などについて大体見当がついてしまう。

今度、カレーを作ろうと思ったら、是非白菜を試してみてください。

結婚登記

木曜日の午前中、妻と一緒に台北経済文化代表処へ結婚登録に行った。あくまで偶然だけど、丁度ひな祭りの3/3だった。婚姻届けを出した日は7/7だった。要するに日本での結婚記念日は7/7で、台湾での結婚記念日は3/3だよね。非常に覚えやすい。電球妻は自分の台湾で使う名前を「亞紀」にした。書類に日本の書き方で「亜紀」って書いたけど、職員に「亞紀」に直された。あ、気付かなかった。確かに台湾の書き方で「亞」である。30分ほど手続きが終わった。二、三週間後、「亞紀」が台湾のうちの戸籍謄本に現れるだって。笑顔ほほ。

銀行はともかく、台湾の郵便局や市役所に行ったら、日本人はまず戸惑うのは番号札がないということだろう。台北経済文化代表処も同じのだ。この場合は、おとなしくカウンターの前で並んではいけない。空いていればいいけれど、混雑している時はとりあえず窓口に向かって人と人の間に割り込むこと。そう、割り込む。そして、手を出来るだけ伸ばして自分の書類をカウンターに置く(勿論、既に置いてあるはずなので、ちゃんと順番通りに置こう)。そうしないと、永遠に待つだけ。行く前に妻に説明したけど、半信半疑な顔をされた。それで、閑散としたオフィスにもかかわらず、後ろから急に誰かの手が自分の肩を越して書類をカウンターに置くのを見て、ようやく完全に信じてくれた。だろう!自慢じゃないけど。

あれっ?

今までのアクセス数は平均的に一日0~20だったけど、今日は何と50に近づいてるだぜ!統計グラフを見ると、2/25に初めてトラックバックされた以来、アクセス数が遥かに増えてる。自分のブログが誰かに紹介されると本当に嬉しいね。笑い
日本の皆さん、僕のブログを見てる皆さん、よろしくお願いします。

夕方の体育館

basketball.jpg昨日と今日は学校の体育館に行った。春休み中だから人が殆どなくて、なかなか快適だ。足に一キロの重しをつけてバスケを練習したり、ジムで軽いトレーニングをしたりして、汗を流す。そして更衣室でシャワーを浴びる。学費を払っている以上、フル回転で使わせてもらわないと。

理解できないのは、なぜこんなに素晴らしいバスケットボール場があるのに、誰も来ないの?もったいないな。グランドとかテニスコートとか学生がいたけど。まあ、確か日本ではバスケはあんまり人気がなさそう。公園にはバスケの出来る場所がまれにあるし、スポーツニュースにもNBAが報道されていない。

流川のように一人で黙々とバスケを練習する。勿論、技術的に流川とは比べ物になっておらん。

三月の披露宴

披露宴まであと二週間ぐらいだが、家族が準備の仕事をほとんど全部やってくれるから、こっちはなかなか実感が湧いてこない。友達やクラスメイトとの連絡をちゃんと取れば、他にやることはあんまり無い。台湾の招待状は出席・欠席のどちらかを選んで返事するキノウが付いてないから、送っても一々電話等で確認しなければならない。面倒くさいなぁ~困った。しかもメールはちゃんと行っているかどうか分からないから、国際電話の費用がかさむ。は。

台北経済文化代表処(日本とは国交がないから、ココに大使館の機能を持たせる)に足を運んで問い合わせてみたら、妻を台湾の戸籍を入れるため中文の名前をつけなければならないことが分かった。妻の名前はアキコだから、とりあえず「アキ」を感じの良い漢字にしてみようと私たちは決めた。候補は:

安芸 亜紀 亜季 亜希

うん~、この四つの選択肢から選ぶのは難しい。先週妻は映画「世界の中心で、愛を叫ぶ」を観たから、亜紀への好感度がかなり高いらしい。僕的には(気がかりな日本語を使っちゃってごめんなさい)漢字のイメージと中文の響きを一緒に考えれば亜季亜希がいいと思う。安芸という名前は日本人っぽくないから見送るつもりだが、見れば見るほど不思議にだんだん可愛くなってきた気がする。わあ、決められへん~~ロケット(一体誰の名前だろう?)

invite.jpg日曜日に妻のお父さんとお母さんに送る「親家帖」が僕を宛てに届いた。内容は中国語のかなり古い言葉(源氏物語ほど古い)で書かれているけど意味がなんとなく分かる↓

潔觴奉○
姻翁.母大駕
伏冀聯○
光臨祇聆
鴻誨○勝
榮幸之至

要するに僕の家が妻の家に送る招待状である。親友に送るものはまた違う。こんな感じ↓

sister_1.jpg


無断で妹と旦那さんの招待状を登場させてしまった。