「台流」ドラマ

050525_0810%7E01.jpg今日の朝日新聞の朝刊に、こんな見出しがあった。台湾人だから日本の新聞が台湾のドラマを人々に紹介しているのを見て嬉しかったけれど、記事の中で紹介されたドラマを僕は全然観る気がない。まあ、若者とは言い難いでもあるけれど。でもね、F4という四人の美男子は、既に解散したよ。台湾では人気がなくなったから、海外への発展をせざるを得なくなったと思うけどね。
スポンサーサイト

ヨン様の漢字の書き方

5/23日の朝日新聞の夕刊の一面に、「韓流の源流」というシリーズが始まった。その記事のなかでは、韓国の俳優・女優さんの名前が、全部漢字で書かれているのを見て驚いた。

050525_0815%7E01.jpg


右側は朝日新聞の書き方で、左側は台湾での書き方だ。どうして朝日新聞は今までの片仮名の表記を辞めたんだろうね?韓国人のアイデンティティかな?
因みに、僕の名前も学生証に片仮名で書かれている。実は漢字で書いてほしいけれど、まだ学校にクレームをつけていない。

そろそろつけてやろう。音量

落ち込んでいます

今、落ち込んでいます。

昨日の授業で、私はK先生の話を聞くともなく聞きながら、レジュメをめくって眺めていました。250人が入れる大きな教室の後ろの方に座っていたそんな私を、K先生がずっと見ていました。コメントカードに、私はテキトウに意味のないことを書いてしまいました。その後、K先生に「学ぼうと思う気持ちがあるなら、一度、研究室においてください。」とメールで呼び出されました。

今朝、研究室に伺って、先生とお話をしました。先生は、授業中に私のことがずっと気になって、結局初めて授業を計画通りにうまく進めなかったと言いました。なぜならば、その時、聞いていない学生は私以外にいませんでしたので、目立ちましたそうです。私はますます申し訳ない気分になっていってしまいました。K先生は本当に良い先生だと思います。授業と参考資料もいつもきちんと準備しています。なのに、私はずっとレジュメを眺めていて、話を聞いていませんでした。みんな動いているのに、私だけが動いていないと先生に言われました。

でも、今日は先生といろいろなお話しをして、本当に良かったと思います。今までに、自分のダメなところをK先生が教えてくれましたから。深く反省しています。

先生、本当に有り難うございます。

おまけ

昨日は良いことが二つあった。ヤヤコシイ宿題を書き終えたけれど、図書館が閉まっていたから印刷できなくて、しかも今日中に出さないとマズイから、困っていた。駅前の写真屋さんに行って、プリントしてもらえないかと頼んでみたら、その店員さんがすごく親切で、ただでプリントしてくれた。大変助かった。今度、写真の焼き増しをしようと思ったら絶対にその店に頼む。

それで、ヤヤコシイ宿題を先生の研究室の前のボックスに入れた後、八百屋さんへ野菜を買いに行った。しょっちゅうあそこに行くから、その主が微笑んで会計をしながら、僕の買った野菜を全部値下げしてくれて、もやしをおまけしてくれた。こんな経験は初めてだから、僕は一寸照れくさそうに「有り難う御座います」とむやみにお辞儀をしながら言った。一日中で二回も親切にしてもらって、本当に嬉しかった。笑い

うん?ヤヤコシイが気になる?

昨日提出した宿題には、「女言葉を積極的に利用すれば、ジェンダーの権力関係が表れると思いますか?また、それはなぜですか?」という質問があった。ヤヤコシイでしょう。困った

信じられない~

今日はボート大会だから全学休講。朝日「やった」という気分で、10時前に早速市役所へ、7月の頭に行われる東京都議員選挙の学生アルバイトを応募しに行ったんだけど、「定員になりましたので締め切りました」という張り紙が貼ってあって、がっかりした。三日間の募集期間は、わずか一日で切れてしまったなんて。まあ、時給1400円の美味しいアルバイトなんだから、予想はしたんだけど、火曜日はあいにく授業が一から五まで入ってあるから行けなかった。

今日のお仕事は、木曜日の超~ヤヤコシイ宿題を終わらせ、回ってきた翻訳や校正をやる。スタート!走る

台湾の人形劇

台湾の「天空ブログ」で、あるマニアを発見した。そう、人形。記憶をたどり、1980年代にその人形劇が台湾のテレビで放送し始まり、ものすごい大ブームになった。当時、僕はまだ小学生だった。昼休みになると、数人がお弁当を持って学校の隣に住んでいたクラスメイトの家に走りこんで、一緒にその人形劇を見ながらご飯を食べていた。

続きを読む

すいません

最近、台湾のブログにはまっていて、日本のブログは結構サボっているんですけど、すいません。中国語の勉強をなさっている方は、是非行ってみて下さいね。リンクは右の下にあります。

050506_2134%7E01001_1.jpg←アルバイトをやっている時の目の前の風景です。ヒマ・・・落ち込み

黄金週の鎌倉

あっという間に、黄金週(ゴールデンウィークの中文)が終わってしまった。今日はいきなり韓国語の単語テストが行われ、久々に学生気分を味わった。それにしても、母音と子音を習ったばかりなのに、46個の単語を全部覚えなければならないなんて、辛かった。

黄金週の前の二日間は、風邪を引いていた妻が実家に帰り、静養をしてきた。僕は家でだらだらして、宿題と台湾のブログを書き続けた。妻が帰ってきたあと、「なんか腰の周りの肉が充実したなぁ」と気づき、無理矢理に妻を体重計に乗せたら、なんと「(?)十キロ台」に到達したじゃかいか。ブタ妻は体重計が壊れていると反論しつつ、僕は体重計が壊れていないと主張しつつ、平和な黄金週前半を家で過ごした。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。