関東の地震

今日の午後四時半頃に、関東地方で震度四ぐらいの地震が起きた。その時、ちょうど出張で日本に来ている台湾の友達と電話で待ち合わせしていた。彼はカメラマンで、風景写真の取材のため京都・東京などあちらこちら回っていて、明日台湾に帰る。今日は彼の仕事が早く終わるから、六時に新宿で会うことになった。

震度四の地震だけで、東京の電車がほぼ「全滅状態」になるとは思わなかった。中央線の駅で一時間近く待たされた。ようやく出発しても、安全のため運行速度を上げてはいかないから、新宿までの時間が普通の二倍かかって、たどり着いたらもう七時だった。電車を降りながら、やっとニンゲンの缶詰から解放されると思いきや、目の前に現れたのはもっと恐ろしい光景であった。

img20050724.jpg

おいおい、本当かよ。改札はどこだあ~?!見えないぞ。
一生懸命泳いでいて(ホント。まるでニンゲンの海を泳いでいる感じ)、ようやく改札口に着いた。でも、自動改札機の半分以上がすでに死んでいて、進出自由の無法状態となっていた。あまりにも珍しい風景なので、駅を出た後もパッチリ一枚撮った。↓
         
img20050724_1.jpg

(新宿駅南口)


結局、原宿で仕事を終わらせた友達は、山手線が全く動かなかったため、新宿で僕と会ったのは八時半だった。お互いに待っている間にお腹がすごく空いていたから、食事はテキトーに済ませてきた。結局、僕たちはケンタッキーでコカコーラLサイズ二つだけを注文した。彼とは高校のクラスメイトで、大学も同じ学校に入ったけれど、親しくなったのは大学二年の時からだ。その時彼は既に友達の間に撮影が得意だと知られて、いまもカメラ一本道で人生を進めている。明日台湾に帰って、明後日またドイツに行く。しかも「あごあしまくら」で!羨ましい~~

十時ごろ、帰りのホームでの光景だった。↓
img20050724_2.jpg

おいおい、全然変わってないじゃん!
もし、震度五・六だったら、東京はどうなるんだろうなあ。想像したくないねぇ。

地獄の夏休み

梅雨明けの後、だんだん暑くなってきた。うちも連日の暑さに負けてしまい、冷房をガンガンときかせている。先月の電気代はついに四千円台にのぼっていて、今月は恐らく倍増するかもしれない。文明大国のみなさんは、地球温暖化が進まないように頑張っているのに。本当に申し訳ない。

いよいよ、日本に来てから三つ目の夏を迎えることになるけれども、今年は「よし!江ノ電で海に行きましょう!」という雰囲気をまだ感じない。仕事もあるし、夏休みの宿題は数えてみたら、なんと10本もある。ほえ~、マジっすか?平均的に、物理的に、週一本というペースで行けば何とかなりそうだけれど、夏休みの宿題っていうのはそんな甘いものではない。

050717_1940%7E01.jpgこの間、家の近くにオープンしたばかりのスーパーに行ったら、その「めんこいな」という米を発見した。名前がすごく可愛いらしくて、買いたかったけれど、同じそこで買った10キロ1100円のビミョウな米がまだ半分以上残ってるから、我慢した。それにしても、「めんこいな」って、可愛いよね。

やった!採用決定!

この間応募したドラマ字幕翻訳のポスッティング・校正のアルバイトは、僕の採用が決まった。本当にめちゃくちゃ嬉しい!面接の日に、僕の前に座っていたのは台湾の女性だったけれど、面接は全部日本語で行われた。

「今回の仕事は日本語訳が既に用意されていたんですけど、もし他のドラマを貴方に翻訳してもらうとしたら、貴方は自信がありますか?」
「はい、あります!」

「私たちはドラマだけではなく、小説・脚本などもありますが、貴方は日本語に訳す自信がありますか?」
「はい、あります!」


日本語に訳す仕事を受け取ったことが無いけれど、とりあえず、胸を張って自信満々に「はい」と答えることにした。そして、彼女は台湾ドラマの台詞が文単位で書かれている紙を僕に渡し、五分以内できるだけ訳してみてくださいと言った。終わったあと、僕のパソコン操作の熟練度を試すため、実際に字幕製作のソフトを使わせてくれた。僕はそのソフトの作業に「一目惚れ」してしまった。だって、自分の訳した日本語がドラマの画面に出てきて、ものすごい達成感があったんだから。

今日、その会社からの採用通知が来た。見た瞬間、思わず椅子から飛び上がってガッツポーズ!短期のアルバイトに過ぎないけれど、絶対に全力投球する!

続きを読む

日曜日の散髪屋

 いま、駅の近くの散髪屋にいる。散髪屋っていうか、千円カット。大変混んでいて、待ち時間は一時間がかかりそう。あとで映画「マラソン」を見に行くから、奥さんは隣りの喫茶店で待っている。僕は退屈な時間をつぶすため、久々に携帯でブログを書くことにした。

日曜日の千円カット、なぜかおっさんとサラリーマンばっかり。さっき、僕が店に入った時、小学生らしき女の子がいた。彼女は頭を下げて長い髪を顔にできるだけかぶらせようとしているように見えた。おそらく二度と日曜日に来ないだろう。おお!そろそろ僕の番だ!

不思議な日本語

生協の「読書マラソン」に惹かれて、空白な読書記録を埋めるために時間を盗んで積読本を読んでいる。つい最近、三冊目の「オトナ語の謎」に突入。その中で、こんな不思議なオトナ語を目にした。↓

たのまれてくれる?

えっ?なにこれ?「受身形+くれる」?意味はなんとなく分かるけれども、文法的には正しい日本語なのか?
奥さんに確かめてみたら、この文は日本の職場では確かに使われているらしい。でも、他の「V受身+くれる?」という文型に使える動詞があるのかを考えてみたら、なかなか出てこないね。む。また考えよう。そろそろ出かけなくちゃ...

字幕翻訳

昨日、図書館勤務の時に、一通のメールがやってきた。

字幕翻訳アルバイト募集

おおお!これだ!夢の仕事だ~!さっそく、開いてみると、日本で配給する台湾ドラマの日本語字幕のポスッティングや翻訳のチェックという内容だった。ポスッティングって、つまり、貼り付ける作業。時給900円。何だが地味そうな仕事なんだけど、こういう経験を積んでいけるチャンスは逃してはいかん!一応、翻訳のチェックという部分もあるから、きちんとやって向こうの信頼を頂ければ、翻訳の仕事を回してくれるかもしれない。

簡単な自己紹介と履歴を書いて、メールで送った。三分後、その会社からの電話がかかって来た。あまりにも早くてびっくりした。しかも、電話の向こうはなんと台湾の女性だった。向こうに届いた応募のメールの中に、携帯の番号を書いた人は僕だけだから、その担当者がすぐに僕に電話した。

話しがスムーズに進んでいて、仕事の内容が大体分かって、面接日も決まった。インターネットで放送する台湾ドラマの日本語字幕を、チェックしながら貼り付けるというアルバイトだ。もし採用が決まって仕事も順調に行けば、僕の名前がドラマの最後に出てくるではないか!嬉しいなあ~へへへ。

ちなみに、そのドラマの名前は何だっけ??

あっ、忘れた....(汗)

☆結婚記念日☆

アキと結婚して、一周年を迎えた。去年の七夕、アキに会社を半日休んでもらって、一緒に市役所に婚姻届を出した。そして、今年の三月に、台湾の実家で結婚式を挙げた。一年って、本当に早いなあ。

こんな大事な日に、ビンボウ学生である僕は高級レストランに妻を連れて行くお金が無いけれど、せめて気持ちを伝えなければならない。午後の授業が終わったあと、早速スーパーに行って、アキの好きなしゃぶしゃぶとケーキを買って来て、火曜日にロフトとユザワヤで買ったものを部屋に飾り始めた。六時からアルバイトがあって、その前にぎりぎり完成した。

img20050708.jpg

     (なぜか右側の風船が小さくなりつつ...)

会社の上司につかまって残業したアキは、十時までアルバイトした僕より遅かった。空いたお腹を必死に我慢して、鍋や野菜・肉などをコタツの上に並べて、アキを待つ。ようやくアキが駅に着いて、僕は自転車で迎えに行く。家のドアを開けたのは、もう十時半頃だった。
部屋に入ったアキは、案の定、僕の飾った部屋に大変驚いて喜んでいた。本当に良かった。僕にとっては、アキの笑顔が最高のものだ。二人ともにお腹がゴロゴロ鳴り始めた。記念写真を撮って、あつあつのしゃぶしゃぶとケーキを食べた。

部屋は、しばらくそのままにしよう。

ドイツの漢字ブーム

ドイツに住んでいる台湾人が書いた文章を日本語に訳してみました。
ご主人の転勤で、その人は娘を連れてドイツに移住しました。毎日の見聞やささやかな感動を綴り、台湾の天空ブログで莫大な人気を集めています。写真がたっぷりありますので、中国語を読めなくても、ドイツの風景を満喫することができます。どうぞ、その人のブログに足を運んでみてください。
ココです→Mamia&Miaクローバー

私の日本語はまだまだ下手ですので、うまく訳せなくてごめんなさい。ちなみに、翻訳において、すでに作者本人の許可を得ました。

続きを読む

久々!

うわ!あっという間に、ここでは十日間くらい何も書いてない。いまさら、追憶してもきりがないから、とりあえず今日のことを書こう。(→名案OK

続きを読む