新聞紙と富士山


「紙を25回折ったら富士山より高くなるんだって」、とかみさんの同僚Gちゃんが何故かお昼にこのような話をしたそうだ。本当かな?とかみさんに聞かれたので、実際に計算してみせた。

富士山の高さは3776m。紙は色々あるけど、ここで一番身近な新聞紙にしよう。朝刊を3回折って72枚重ねにして(スポーツの紙面はどっかに行ったから18枚スタート)、測ってみたら0.3cmぐらいだった。1枚あたり約0.3/72=0.004cmになるわけ。


富士山  3776 m=377600 cm
新聞紙  0.004 cm

そして、紙1枚の折る回数と重なる枚数の関係を考える。
回数(x) → 1  2  3  4   5 ...
枚数(y) → 2  4  8  16  32 ...

つまり、y=2のx乗  →下の計算式で「2のx乗」を(2)xで書く。

新聞紙1枚の厚さ*y > 富士山
0.004*(2)x > 377600
(2)x > 94400000
log(2)x > log94400000
x*log2  >  log94400000

log2  ≒ 0.301
log94400000 ≒ 7.975
(大学時代に使ってた関数電卓で得た数字。なんでこんなもんを日本に持ってきたんだろう。)

0.301x > 7.975
x > 7.975/0.301
x  >  26.49
x  = 27


うん、新聞紙1枚の厚さは0.004cmとすれば、27回折ると富士山より高くなるね。

検証:
0.004*(2)26 = 0.004*67108864   = 268435.5 ≒ 2684 m
0.004*(2)27 = 0.004*134217728 = 536870.9 ≒ 5369 m


最後にまとめてみよう。

「紙をx回折ると○○の高さを超える」というのを知りたいなら、下の計算式を解けばいい。

x > log(○○の高さ/紙の厚さ)/0.301  

※高さと厚さの単位はcmかmかどちらに統一すること







スポンサーサイト

究極のリサイクル

 

おでこのアブラで荒れ気味の指を潤せることに気がつきました。


本棚

 
GWの台湾行き大出血航空券で我が家の家計簿は前代未聞の大ピンチを迎えているけれど、もう我慢できん!生協のパンフレットでうちの4.5畳間にぴったりの本棚を見つけてすぐに注文した。


本棚

前置作業と後片付けも含めて、一人でまる4時間をかけて組み立てた。もちろん、電動ドライバーで。最初は電動ドライバーのネジ締めが見つからなくてすごく困った。普通のドライバーでやってみたら、一本目のネジのところで無理ってことが分かった。気が短いもんで、ええ。

困っていてどうしようもないときに、ふと駅の近くの金具屋を思い出した。わらにすがる思いで自転車でぴゅーーと行ってみたら本当にあった!電動ドライバー専用のネジ締め!!あまりにもたくさん置いてあって、ちょっと気が抜けたというかアホらしくなったというか…。ま、とにかく助かった。しかも一本140円。安っ!

その金具屋さんはお客さんが入っているのを見たことがないけど、バカにしてはいけません。いざという時は救世主になります。本当にありがとうございました。また何かを買いに行きます。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。