悩ましい


調べれば調べるほど、無性にバズライトイヤーのフィギュアが欲しくなった。

ちびはバズライトイヤー行方不明のショックから立ち直ってはいるけれど、レゴのブロックで作ったつばさを名もなき悪い人のフィギュアにつけて「バズライトイヤー」と名乗らせてバズごっこする。もう、いじらしくてしょうがない。

子どもの頃、あまりおもちゃを買ってもらえなかった。だから、買えるものは買ってあげたい。別にねだられているわけでもないけど、実物大のバズライトイヤーをもらったちびの顔が見たい。

ところで、1対1の映画等身大サイズで、いろんな台詞を喋るバズライトイヤーのトーキングフィギュアは二種類ある。前の古いバージョンと、最新のNEWバージョン。古いバージョンはNEWバージョンの出来より多少見劣りがするけれども、一番肝心な声は映画とまったく同じの所さんボイスになっている。台詞も30種類があると、NEWの19種類より多い。NEWの日本語音声はディズニーランド公認の声優さんというのだが、所さんではない。

普段血液型による性格診断なんか一蹴するけれども、A型の僕は本当に細かいみたい(場合によりますが)。おもちゃの売り場でNEWを実際に押してみて音声を確かめた。注意深く聞かなければ、所さんの声に似てなくもない。でも、所さんボイスのバズライトイヤーが存在しているのを知ってしまった以上、心のどこかにどうしても割り切れないところがある。やっぱり所さんボイスのバズライトイヤーでなくちゃあああ!!!!

ある通販サイトの店長さんに問い合わせてみたら、その優しい店長さんがメーカーさんに聞いてくれた。所さんボイスのバズライトイヤーはもう生産していないそうだ。手に入れたいのなら中古市場で探すしかないって。でも、平気な顔してさらっと三万円以上の値段をつけるところばかり。

ふざけるなって叫びたいところだが、メーカーさんにも一つ文句を言いたい。どうしてNEWバージョンに所さんの声を使わないんだよ?!所さんボイスの古いバージョンもNEWと同じぐらいの値段で売っていたから、「所さんの声は値が張る」というわけでもないでしょ。NEWも映画の所さんボイスだったら、恐らく数倍にも売れていたと思う。

なんだかんだブツブツ言って、結局バズライトイヤーが欲しいのは自分だ。所さんボイスかどうか、3才の子どもには分からないはず。でもさ、思い切って買ってあげて、「バズライトイヤーの声じゃない」なんて言われたらたまるもんじゃないよな。



スポンサーサイト

永保安康の由来

大学で日本語を勉強していた時、台湾と日本の駅名遊びを比べてレポートに書いたことがある。そのレポートのテーマは自由だったけど、僕は「永保安康」という素敵な切符をクラスメートに紹介したかったので結構まじめに書いた。

恥ずかしいけど、せっかくだから、そのレポートの一部をここで公開しよう。


続きを読む

永保安康

今日の新聞記事で今台湾最もホットな鉄道切符が取り上げられた。「永保安康」の切符だ。ちょうど十年前の九月、僕は自分の誕生日祝いとして、その駅に行ってこの切符を買った。往復で二枚。そんな昔から有名だったんだ。値段はちっとも変ってない。お守りとして今も財布に入っている。


001.jpg
気になったのは、新聞の写真は「永康」の左側に「H」が付いている。どういう意味だろう?僕の切符にはないぜよ(→龍馬見てます)

「復興/電車」は当時列車の種類の名前だった。永康と保安の間なら、「復興號」も「電車」も同じ21円というわけ。今永康と保安はおそらく「電聯車」(電車)しか停まらないから、「区間」しか印刷されないんだ。




002.jpg
ズームアップ



もう十年か。恐ろしいな。


一才のお祝い比べ


おいさんのブログで韓国の子どもの一才お祝いを見てすごく受けた。やっていることは日本に似ているけど、ゴージャスさがまるで違う。自宅でさえあのレベルなら、ホテルになるとどんだけ凄いだろう。

うちのちびも神社できちんとお祝いしてもらった。その時に用意されたのは筆、そろばん、扇子だった。そうそう、一升餅(だっけ?)も担いだよ。当時ちびはそろばんを取ったけど、どうかな。血統的にはとても商売の才能があると思えない。僕の遺伝子が勝っていれば数学が得意になるに違いないけどね。自慢じゃないけど、高校と大学の時は数学の成績が本当に良かった。試験の前によく出張授業を頼まれて忙しかったな。(自慢してんじゃん)

本題です。さて、台湾では子どもの一才のお誕生日をどう祝うの?自分はまったく記憶が無いので、具具ってみた。

とある台湾人VIVIYUさんのブログ記事。写真は凄く多くてみんな顔丸出しだけど、微笑みながら下から八枚目の写真に注目して下さい。えっ?こ、こ、こんなにたくさん用意するんですか??!!


筆、色ペン:書画家
印鑑:役人、役員
本:学者
骨付きもも肉:グルメ、一生食べ物に困らない人
メジャー:裁縫、デザイン関係
そろばん:商売、ビジネスマン
楽器:音楽家
銀貨:お金持ち、銀行マン
葱:頭いい人
聴診器:お医者さん
パソコン、携帯:IT産業
蓑(みの)、鍬:農家、地主



大昔の蓑から最新の携帯まで、実に驚くほど多彩である。知らなかった…(汗)。しかも、いろんなバージョンがあるようだ。台湾の小倆口さんの記事によると、ピーナツ(長生きする)、剣(将官)、マイク(歌手、演説家)などもOKみたい。「認定」するルールも日本と違う。一番最初に取るものじゃなくて、一定の時間以上手に持っているものだけが認定されるという。すぐに置いたら認められない。


いろいろ見てみたら、必ず用意するものは結構共通している。特に「骨付きもも肉」と「葱」、必ず出てくる。「骨付きもも肉」は昔から裕福の象徴になっていて、「葱」は「聡明」(頭がいい)の「聡」と発音が同じだから。印鑑なんかより骨付きもも肉や葱を真っ先に取る一才児のほうが偉くなりそうな気がする。


僕は一才の誕生日に一体何を取ったんだ??今度母に聞いてみよう。


ちなみに、中国はこんな風になっているようだ。さすがだね。


細かすぎる推奨年齢


友人の家へ遊びに行ったあと、ちびの大好きなバズライトイヤーがなくなって大騒ぎになっている。

そのバズライトイヤーは市販の立派なおもちゃではなく、トイストーリー3を見に行った時、ドリンクの赤い蓋に付いている、とってもちゃちーなものだった。ちびはずっとそれを大事にしていて毎日びゅーびゅーぼんぼん遊んでいた。今バズライトイヤーがいないのに気付くとびーびー泣き出す。困るわ。

アマゾンでバズライトイヤーのフィギュアを探してみた。気に入ったやつは高い。安いやつはぴんとこない。困るわ。僕自身もトイストーリーシリーズが大好きで、本当は全キャラクターのセットが欲しいぐらいんだけど、いったんちびの目を肥やしてしまうと大変なことになりそうなので、我慢我慢。どこに行ったのよ、バズライトイヤーのふたぁぁぁぁ

ところで、アマゾンで物色しているとき、おかしな年齢表示に噴き出した。
83歳3カ月までって言われてもね。


細かすぎる推奨年齢


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。