落選


東京マラソンは落選した。

外国人が当たりやすいという噂もあってかなり期待していたけど、やっぱり駄目だった。噂は本当かどうかわからないけど、東京に住んでいるある台湾人ブロガーは日本の住所で申し込んだのが敗因だったと分析している。そのブロガーの海外の友人は結構当たっているらしい。

いずれにせよ、落選したのはもう変えられない事実だ。ブーブー言っても仕方がない。トレーニングは続ける。日本のマラソン大会は牛の毛ぐらいにたくさんある(多如牛毛)から、来年の2、3月あたりにフルを一本選んで走ればいい。10キロ走で今週初めて49分台のタイムを出してすごく嬉しかった。




餃子
4歳の息子が保育園で粘土を使って作った餃子。
あまりにもリアルだったので先生たちもびっくり(笑)


効果抜群

台湾の自動車用ステッカー。


負け犬
http://tw.nextmedia.com/applenews/article/art_id/33729122/IssueID/20111011/pvtype/r


大齡剩女           追撞必嫁

いい年の負け犬です   ぶつかったら必ず嫁さんになってあげるわよ



後ろの車はみんなビビって車間距離をいつもより長めに取るとか。効果抜群ですね。


安すぎ?



003_20111006174637.jpg
アラとはいえ、このボリュームで100円?!有り難く頂きます。


このレシピを参考にして料理してみた。



IMG_0197.jpg
美味しかった!



サブ4を目指す


来年の東京マラソンに申し込んだ。抽選の結果はまだ出ていないけど、nike+のコーチ機能を使ってトレーニングを9月に始めた。落選しても当日に自分でフルを走る。公園を20周ぐらい走ればいいんだ。

選んだメニューは24週間の中級者向けのプログラムで、ちょうど東京マラソンの1週間前に終わる。5週目の現在は週五回で約45キロを走るけど、週ごとに走る距離がだんだん増えていく。忍者が少しずつ伸びる木を毎日飛び越える訓練みたいな感じだ。テンポランの時間・回数やタイムトライアルの距離などの細かい指示も所々に織り込まれている。

プログラムのメニューと指示をきっちりと実行してきた成果かもしれないが、今10キロを軽く走っても52分台(≒5分10秒台/1キロ)前後のタイムが出る。このペースを最後まで保つことができれば、初フルでサブ4(3時間~4時間未満)を達成するのも夢ではないような気がしてきた。

サブ4を目指せ!頑張るぞ


エアハブ


先月、2~3年間乗っていた自転車が約10回目のパンクをした。遠い公園から家に帰る時のことだったので、そこらへんの自転車屋さんで新しいのを買い換えた。

とても感じのいい自転車屋さんだった。小ぢんまりとしている店の中に、如何にも自転車のプロのような作業服を着ているマスターが真面目に何かを書いていた。

店内の自転車を見ながらマスターの助言を聞いた。あれこれ30分ぐらいかみさんと話し合って考えた末、二人の意中の自転車は一致した。ただ、オートライトの新型にするかエアハブの旧型にするかという最後のジャッジを下らなければならない。

マスターの話をまとめると、オートライトは点灯中の軽い走行が最大の魅力。エアハブは走行中に自動的に空気を入れてくれて常にタイヤをパンクしにくいベスト状態に保つという画期的な装置が売り。僕は断然エアハブがいいと思ったけど、エアハブの自転車を作っている唯一のメーカーはもうエアハブの生産をやめて、新型は全部オートライトにシフトしたらしい。だからもしエアハブの装置が壊れたら、部品の在庫がなくなり次第エアハブも終わりということ。


エアハブ装置。前後あり。
エアハブ



エアハブとオートライト両方付いている自転車はないの?って聞いてみたら、ない。エアハブにしたらオートライトが付けられず、オートライトにしたらエアハブが付けられない。構造的には相容れないそうだ。うん、残念。分配器みたいなものを使って車輪の軸が生み出したエネルギーをポンプとライトに半分ずつ分ければいいじゃないの?と思ったが、そんなに簡単に出来るものなら特に出来ているはずだ。

結局やっぱりエアハブにした。夜はそんなに乗らないし、しょっちゅうパンクするのはもう嫌だから。エアハブの小藍(新しい自転車の名前)に乗った瞬間、この買い物は大正解だったことがわかった。ライトはなんと、左側のハンドルをカチャッと少し回せば楽にON/OFF出来るのだ。身を屈めて前輪のレバーを押す必要がないライトはもうオート同然だよ。

三万円台後半の自転車は、安い自転車にしか乗ったことが無かった私たちの想像をはるかに超えるものだった。