ホームベーカリー


我が家にホームベーカリーが登場したのは去年12月の後半だった。翻訳の仕事が一段落したあと、気晴らしにリサイクルショップをひやかしに行ったら、かみさんが欲しがっていたホームベーカリーが目にとどまった。値札を覗いてみたら…

なぬ?2000円だと?!

目を疑ったが、何回見ても2000円だった。もちろん中古だったが、新品のようにピカピカしていて、しかも人気メーカーの製品だった。その場で千円札を二枚出して、ホームベーカリーを抱えて自転車で連れて帰った。重かった。

10日間の返品可能期間があるので、翌日に早速パンを焼いてみた。

001_20120207113349.jpg  002_20120207113349.jpg
なんかおかしい。全然膨らんでないですけど。




003_20120207113349.jpg
切って食べてみたら、まるで蒸しパンのような食感だった。



ホームベーカリーか作り方に問題があるのかなと思ったら、うちのドライイーストが犯人だった。



006_20120207113348.jpg
使われたのは、なんと八年前にかみさんが実家から持ってきた「嫁入りドライイースト」だった!いくら消費期限を気にしないとはいえ、一昔のドライイーストじゃパンが膨らむわけがない。


気を取り直して、約二年前のドライイーストを使って焼き直した。大成功だった。なんでうちのドライイーストは消費期限を過ぎたものばかりだろうと思いつつ、美味しく頂いた。夜中に生地をこねる音がうるさいという話は聞いたことがあるけど、思ったよりうるさくもなく、隣の部屋に置いていてもこねる音に起されたことがない。うちは全員「爆睡型」だけかもしれないが。

007_20120207113348.jpg 004_20120207115102.jpg




コツをつかんだ後、パンの出来も徐々に良くなった。

008_20120207113348.jpg  009_20120207113355.jpg
                       ちぎって食べるのもいいね。



朝に焼きたてパンの匂いで起きて、焼きたてのパンを食べながら珈琲を啜るのが至福のひと時だ。