パスポート


ちびのパスポートは来月に期限が切れる。0歳の時に作ったので、パスポートの写真はもうまるで別人。審査官もよく通してくれたね(ありがとうございます)。12歳未満の子供は5年間有効のパスポートしか持てない意味がよくわかった。顔が変わるもん。

新しいパスポートの写真を撮るために、お迎えに行ったあと、ついでに600円で証明写真が撮れるボックス(あれ、日本語で何というの?自動写真機?)に行ってみた。椅子を一番高くしてもちびの顔が枠に届かない。保育園で使っていたバスタオルをくるんでお尻の下に敷いてやっと届いた。ただ、座る所がふわふわになってて、限界まで高くした椅子もふらふらしていたので、体が斜めになったりちびが面白がって笑ったりして、三回しかないチャンス(しかも時間制限付き)を物にする大変さは想像以上だった。

幸い、なんとか使える写真が一枚撮れた。他の二枚は全然だめだった。ふー。

あとは更新の窓口に行くだけだけど、最近仕事が多くていつ行けるかわからない。有効期限内に行かないと書類が面倒くさくなるので、切れる前に行きたい。



スポンサーサイト

浅草


先週母と妹が東京に遊びに来た時、浅草に連れて行った。妹のリクエストだった。せっかくだから、人力車に乗ることにした。平日なのに人力車が足りないほど大繁盛だった。20分ほど待ってやっと二台が揃った。母と妹が一台、僕とちびが一台。ママは会社で指を咥えていた。

浅草は何回も行ったことがあるけど、人力車は初めてだった。車夫さんはスポット毎に足を止めて、その場所に関するエピソードや由来などを詳しく教えてくれた。超久しぶりの通訳だった割にはうまくできたと思う。自分で言うのもあれなんだけどね。少なくとも興味津々に聞いてもらえた。


個人的に一番受けたのは、これ。

やる気


普通のビル。話題のスカイツリー。ちょっと金色のビル。・・・う○こ?


車夫さんの話によると、そのちょっと金色のビルは某大手飲料会社のビルで、隣のう○こに見えるような物は、その会社の社員たちのやる気を象徴するために作られたという。でもね、最初のデザインは横じゃなくて、縦だった。なんで横になったかというと、東京都は「縦のやる気」が物騒な炎のように見えるからだめだと、許可しなかったらしい。もう作っちゃったから置かないわけにもいかないと思っていたかもしれないその飲料会社は、仕方なく縦のやる気をそのまま横にして建物の上に置いたわけ。社員たちのやる気がう○こになったと思うとまことに気の毒である。

他にも色々面白いエピソードがあるけど、車夫さんたちも仕事をしなければならないので、ここまでにしよう。あとは自分で乗ってみて楽しみにしてください。デートにすごくいいと思う。ちょっと高いけど頑張ってください。アンヂェラスにも是非連れて行ってあげてください。



おまけ ↓

AKBだって
浅草のCDショップでAKB48の演歌歌手を発見。演歌もやっているんだ。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。