半沢直樹

日本に来る前に銀行員を二年間やっていた。今超話題の半沢直樹と似たような部門に所属していたから、興味津々に見ている。別に銀行で働いたことが無くてもハマるけどね。

ぺいぺいのぺで辞めてしまったから、銀行員として身についたものはほとんどなかった。あるとしたら、銀行が出してくれた語学補助金で習った日本語だった。その補助金が無かったら、今の私は日本にいなかったかもしれないし、妻と出会うこともなく、息子もいなかったかもしれない。よくよく考えてみたら、今の人生はまるでその銀行の語学補助金が導いたものだ。感謝しなくちゃ。

今度銀行員時代の話を書いてみようかな。10年以上前のことだけど、わりと色々覚えている。

台湾乾麵


知り合いの先生に台湾から買ってきた乾麵の作り方の翻訳を頼まれ、丁寧に訳してみました。

台湾乾麺
(送られてきた写真を拝借…)

これは乾麺です。必ず鍋でお湯を沸かし、しっかり茹でてください。インスタントラーメンではありませんので、お湯を注ぐだけでは駄目なんです。お湯を沸かしてから麺を入れてください。茹で時間は、麻油麺線(ごま油そうめん)は約1分30秒、台南乾麺は約3分、外省乾麺は約4分、客家板條(厚みのあるきしめんみたいな感じ)は約5分です。茹で終わったら、麺を取り出しお湯を切り、調味袋の中身を麺に入れてよくかき混ぜてください。これで召し上がれます。お好きに青菜や目玉焼きなどを入れてもよいです。茹で時間もお好みで調整しても構いません。


う、食べたいです…



猛暑部屋


猛暑部屋

エアコンがないので、昼間の仕事部屋は連日の35℃超えを記録していた。仕事部屋だけではなく、うちのあらゆる部屋もたぶんそうだった。

梅雨明け。この夏とも網戸無し+蚊帳+扇風機で戦うつもりだったのに、いきなりの猛暑にやられてもう駄目かと思った。でも昨日、室温は31~32℃あたりに下がってきて、おかしいことに涼しく感じた。気温31℃を涼しく感じるなんてどうかしていると思うけど、いきなりの猛暑のお陰でこの夏もエアコン無しで戦えるような気がしてきた。

バッターボックスでダルビッシュの球を三日間も見ていたら、後はどんなピッチャーが投げても打てそうな気がするのと同じ感じかも。まあ打てないけどね。


だらだら


息子もいよいよ人生初の夏休みを迎える。どこからうちの住所を手に入れたのか分からないけど、「すっごく楽しい夏休みにしょう」とか、「ダラダラせずに夏休みを過ごそう」とか、「いよいよさいごのチャンス」とか、次から次へと同じもののチラシからシリーズ攻撃を受けている。

最初は「うん、そうだな…」ってちょっと考え始めていた。でもその後だんだんやかましくなってきて、ダラダラしてやる!と、開き直った。もちろん、本当にダラダラさせる訳がない。ただ、わざわざ教材を買って勉強させる必要もないと思っている。机での勉強より、外に行っていろんな社会勉強をさせたほうがいい。

というわけで、通っている水泳教室が主催するサマーキャンプに申し込んだ。かわいい子には旅をさせよう。…とはいうものの、息子が三日間も家にいないのは初めてだ。本人はまったく気にせずにとても楽しみにしているようだが、私は「まだ一年生だから二泊のキャンプは大丈夫かな。パパとママはいないだぜ…」と心の中でウロウロしている。

ところで、昨日はうちの9回目の結婚記念日だった。ふと気がついたのはお昼のケンタッキーを頬張っている時だったが、暑過ぎて何かして祝う気力もなかった。息子と二人で約束の映画を観に行った。ピクサーのあのモンスターのやつ。キャラクター以外の背景やら建物やら、全てがリアル過ぎてまるで実写版みたいで度肝を抜かれた。午前中のランニングで出かけるエネルギーが無くなったかみさんは家で溶けかけていた。うちはまだエアコンがないんだ。



七夕
誰か知らないけど、
頑張って見つけて(笑)