私は銀行員になりたかった(7)


最初に与えられた業務は単純なものだった。

お客様から提供されたインボイスのコピーを一枚ずつ確認し、パソコンでデータを入力する。入力先は買い取った売掛債権を管理するためにうちの銀行が自ら開発したシステムだった。そのシステムをこなすためにはある程度の教育訓練が必要だったが、慣れると非常に使いやすいものだった。インボイスの確認も、債権の真偽を確かめるための基本的なプロセスだった。

このような絶対必要な単純作業がこなせるようになってから、初めてお客様の案件を管理する立場になる。もちろん最初に与えられたのは比較的に簡単で、今までに問題を起こしたことが無い優等生的なお客様のみだった。そして支店から上がってきた契約書の内容をチェックしたり、お客様の取引先にお支払いの内容を確認したりするなど、仕事の内容も管理するお客様の数も次第に多くなってきて、やりがいも感じるようになった。


国内だけではなく、海外の会社に商品を売るお客様も当然いるわけで、その場合はもっと複雑だった。業務終了後の「對帳」(締上げ?要するに一日動いたお金の処理が合っているかどうかの確認。一円たりとも合っていなくてはならない)はいつもドキドキしながらやっていた。


次回はいくつかのエピソードを書きたいと思う。良いお年を過ごしてください。




スポンサーサイト

さんぱつはさみ


年内最後の三連休。何か大きなことをしたかといえば、息子の髪を自分の手で切ったことだ。

買い物のついでに、かみさんと一緒にさんぱつはさみを選びにいくことになった。最初は自分で切るのは無理だと思っていたが、話しているうちにだんだんやる気になってきて、はさみ専門店に行ってみたらすっかりその気になった。結構イケてるものを購入し、お風呂に入る前にやる気満々で息子の髪を風呂場で切ってみた。


イケてるもの
007_20131228115210c68.jpg



うん、なんかおかしい。美容師さんのカット作業はあんなにラクチンに見えるのに、いざ自分でやってみるとどこをどう動けばいいのかわからない。ものすごく難しい。どうせ髪が長く伸びてるからとりあえず切ってあとから微調整すればいいと思いきや、みるみるうちに前髪がだんだん短くなっていって、しかもまるで柚子の皮をかぶったように横一直線に揃い始めている。横一直線ならまだいいけれど、その線が明らかにギクザクしていて非常にやばい状態になっていた。


柚子の皮のかぶり方(台湾発)
柚子帽
ソース:http://www.onlypet.com.tw/diary/view/ilove0929/55106


これはあかん。これ以上続けていたら息子の心に深い傷を残しかねないと判断し、後ろと耳の上の髪をなんとかごまかしてここらへんにしておいた。僕は中学生のころ、一回母に髪を切られてとても苦い思いをさせられたことがある。最後まで頑張ろう!あきらめちゃ駄目!というけど、潔くさっさとあきらめたほうがいい時もあると思う。少なくとも初めて息子や娘の髪を切る時はそうすべきである。


幸いなことに、この三連休に髪を切った同級生が非常に多いらしい。担任の先生まで切ったそうだ。お陰さまで、息子のちょっと変な髪型があまり目立たずに済んだ。(みんなちょっと変だから?)今朝も元気いっぱいに学校に行って、髪のことについて何も言ってない。しかも目が慣れたのか子どもの髪の自然回復力がすごいのか、今の髪型も少しずつ可愛く見えてきた。

今度ちゃんとカットの練習をしてからやろうと思うけど、どう練習すればいいですかね。かみさんは断固拒否してます。




続きを読む

エアハブの自転車を置いて


うちには三台の自転車があった。

(年季順)
・保育園を卒業した後も乗り続けたママチャリ/僕用・家←→職場
エアハブ自転車/かみさん用・家←→最寄駅
・ちびっこ自転車/息子用・家←→あちこち



10月、そのママチャリが壊れたあと、後ろに付けていた子ども椅子を同僚のママに譲り、先月に処分した。かみさんのエアハブは今僕が使っているけど、もう一台買わないと三人で出かける時は不便だ。


新しい自転車はエアハブしか考えていない。でもなかなか見つからない。幾つかの自転車屋さんに聞いてみたけど、どこも売っていなかった。ネット上の評判はとてもいいし、メーカーの中野鉄工所も僕が熱望していた自動空気入れとオートライトを同時に付けられるエアハブを実現させたので、それなりのニーズがあるはずだ。エアハブ付きの自転車はネットで結構売っているけど、リアルショップで買いたい。


なのに、町の自転車屋さんはエアハブ付きの自転車を置かない。エアハブはタイヤの空気を常に最適な状態に保ち、パンク率を大幅に減らしてくれる。自転車屋さんから見れば、貴重な収入源を奪われるやっかいなものだろうと思った。現にうちのエアハブ自転車は買ってから二年以上経ったけど、一度もパンクしたことが無く、タイヤもいつもピンピンしていて乗り心地がいい。


自分で取り付けることも可能らしいけど、パンク修理セットでちびの自転車のパンクも直せない自分にはこの方のように出来る自信がない・・・



ボロ市2013


初めてボロ市に行ったのは2007年の12月。その時息子はまだ生まれて一年も経っていないほやほやの、誰もが微笑み返ししてくれたスーパーかわいい赤ちゃんだった。いや懐かしいな。ずっとおんぶしていたぜ。今もかわいいけどね、へへへ。



012_20131217214023ef6.jpg
カラフルな電車も美しい女性運転士も変わっていない。





016_20131217214027b87.jpg
無くてはならないアングル。





015.jpg
マジっすか?






018_20131217214028b11.jpg
歩き疲れて、夕方になって一気に冷えてきたので、ここで一服することにした。




019_20131217214030a0d.jpg
ソーキそば二つ、ポーク焼一つ。
泡盛も飲みたかったけど、我慢した。






020_20131217214106f1d.jpg
めっちゃくちゃ寒い中、暖かい店内で食べられる貴重な空間。立ち食いだけど、満足感は至福級。ちびにはポーク焼の紙コップでそばを食べさせてちょうどいい。どれも美味しかった。





022.jpg
100円の甘酒も有り難かった。
(ナイスショット)




026.jpg
何曜日であろうと、15と16日に決まってるの?





021.jpg
ぽっちゃり系が好きな僕は「多肉」という表現に惹かれて、買った。






032.jpg

028.jpg

029.jpg

031.jpg  ★フチ子コラボ





033.jpg
帰りの駅の外で台所用品の臨時売店があって、かみさんが息子を連れて化粧品を買いに行く間にそこでいろいろ物色してこの三つを購入した。肉たたきとラーメン屋さんのにんにくを潰すあれ、「可遇不可求」だぞ。(そんなのどこにでも売っているとしても言わないでくれー)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。