夫婦別姓


日本の夫婦「同姓」制度で少し苦い経験をしたことがある。

うちの奥さんは日本人。僕は台湾人。日本では国際結婚の場合、夫婦別姓は認められている。結婚した後、うちはそれぞれの苗字で生活してきたが、今の所は何の不自由も不都合も感じていない。日本で生まれた息子は自動的に日本国籍を取得したため、うちの奥さんの苗字にした。下の名前は台湾でも日本でも通用する漢字にした。台湾で暮らすことになったら僕の苗字にすればいい。

去年の夏休み。息子を連れてある新聞社の見学に行った。記念撮影の時に、子どもと保護者が事前に用意された名前の紙を持ち、キャラクターの前に座って写真を撮る。その写真は最後に配る記念用の新聞に載る。

で、他の皆さんの紙は「○○親子」は対して、うちの紙だけが「○様 ○○様」となっていた。やはり日本では苗字が同じでないと親子って思われないんだなと思った。うちだけが親子ではない扱いを受けた。

カチンときたわけではないけど、少しはむっとしたな。他人にとって苗字しか判断しようが無いってわかっているけど。

中華圏では、夫婦「別姓」はごく普通のことです。子どもは父親の苗字にするのが一般的で(母親の苗字も選べる)、母親の苗字と子どもの苗字は大体違う。一家の中に母親だけが別の苗字になっていることに対して何の違和感もない。

苗字が違ってもお母さんはお母さんなんだから、お父さんはお父さんなんだから。

もし中華圏の母親が子どもを新聞社の見学に連れてきた場合、苗字が違っていても親子と見てあげてくださいね。もしくは申し込みの時に、子どもと同行者の関係を記入する欄を設けてもいいかも。バリバリ血が繋がっていて苗字が違う親子もいっぱいいるからね。

ふと思ったが、苗字が変わると色々面倒くさい手続きをしなければならないじゃない?今までの口座やらクレジットカードやら運転免許やら、名前の変更も必要だよね。一生懸命勉強して取った資格の証明書は?日本の女性は結婚したら、それを全部やらなければならないの?もし離婚したらどうする?また一々元の苗字に戻す?え~~面倒くさい!!「別姓OK」は少し日本の結婚率を上げられるかも。結婚率上がれば出生率も上がる、かどうかはわからないけど、まあいいじゃない。

いろいろ


≪二刀流デビュー≫
先週の練習試合。息子は一番サードで先発出場し、2打数2安打。三回裏、不調の先発ピッチャに変わって、人生初登板。2回を投げて奪三振3被安打1。2安打はしたけど、走塁はほとんど練習していないから、牽制とタッチアウトで一塁にいた時間は10秒もなかった。
翌日、チーム全員は走塁を猛練習させられた。

≪春節景気≫
ほとんどメディアに取り上げられていないけど(当たり前だ)、翻訳業界にも及んだ。1月上旬から昨日まで、中国語への翻訳依頼は途切れることが無かった。春節と関係ないものもあるけど、6~7割ぐらいは春節にやって来る中華系のお客様向けのものだった。
気がついたら一ヶ月あまり休み無かった。自宅翻訳だから好きな時間に休めるじゃんと思われるかもしれないけど、まだ納品していない仕事がある限り、休み時間も箸休めみたいなもので、心行くまで休めない。ステーキが食べたいのに、延々とサラダバーのものしか食べられないような気分に似ている(かな?)。今週いっぱいまでようやく休めると思ったら、今日知り合いから急に仕事を紹介されて引き受けることになった。レート的にはあまりにも美味しいから、さすがに見送れない。
ステーキまでもう少しの辛抱だ・・・


いろいろと短く書くつもりだったけど、まあまあ結構書いたな。ここまでにしよ。