紅眼航班

勢いで初めてのLCC航空券を買っちゃいました。
今年の台湾行きです。

しかしやや後悔しています。何故かというと、早朝便+深夜便の往復プランで、行きも帰りも一回羽田空港で寝泊りしなければならないからです。安いとはいえ、普通の航空会社と一万五千円ぐらいの差しかなく、そこまで頑張らなくてもいいじゃないかと、考えれば考えるほど、そう思えてきました。

手荷物10キロ以内。預ける荷物は一件につきプラス五千円だから、無しにしています。こんな厳しい制限ではお土産も持って帰れません。

本丸は空港に泊まることを面白がっていますが、果たしてどうなるのやら。自分も初めてだからさっぱりわかりません。空港内のカプセルホテルは良さそうだが、12歳以下の子どもを禁止しているから使えません。

最悪なのは、八月号の入稿日をすっかり忘れてしまい、台湾行きの日程を大詰めの時期に入れてしまいました。編集長に打ち明けましたが、パソコン持っていてねとの一言のみで、入稿日を前倒しする気はさらさらないようでした。本丸が空港の椅子か持参の寝袋でぐうぐう眠っている間に、私はノートパソコンで仕事をする羽目になるかもしれません。仕事ゼロの状態で台湾にいたいのに。

日程を家族に伝えたら、「紅眼航班ですね」と、妹に言われました。寝不足などで目が赤くなるような早朝便・深夜便のことですね。まさにその通り・・・

まあ、くよくよしても仕方ありません。アドベンチャーの気持ちで、LCCという未知の領域へ挑みましょう。




スポンサーサイト

ハンドルネーム

うちの奥さん(村上春樹風)と息子のことを書きやすいように、それぞれにハンドルネームを与えましょう。

水牛。本丸。

話が長くなるから、理由を書くのを省こうと考えていましたが、やはり書いておきます。

牛年生まれ。「水」は台湾語では「ビューティフォー」の意味。つまり、綺麗なお牛さん。

「本丸」はですね、中国語の発音で読むと、完全に台湾語の「おにぎり」に聞こえるのです。息子の赤ん坊時代の頭の形はまるでおにぎりだったから、「本丸」にしました。

そもそもそれは今考えた名前ではなく、中国語のブログではずっと以前からこのコードネームを使っています。それを日本語のブログでも使おうと思っただけです。あしからず。

今日の水牛は本当によく頑張りました。
本丸の野球練習に付き添い。自治会の草むしり。家の掃除。野球大会の開会式付き添い。野球チームの役員会。朝から晩まで飛び回っていました。

私はといいますと、午前中は校了ファイル四本の対応。午後は超高級焼肉屋さんのメニュー翻訳。あとは三食の用意と洗濯と日課の筋トレ。ずっと家にいました。メニューの翻訳は本当に骨を折るので(高級な所であればあるほど)、原価割れの覚悟がないとうかつに引き受けないほうがいいですよ。



がんばりました

麦ご飯
うなぎの蒲焼
かつおのたたき
山東菜と舞茸の炒め物
かにかまぼこ入り韓国風ニラ玉
キュウリとニンジンのハムサラダ
大根と干し大根と油揚げの味噌汁
ビール(パパのみ)

今夜の晩御飯でした。
三人できれいに平らげました。満足満足。

最近ベランダでの日光浴にハマっています。昼下がりの太陽の光はちょうどいい角度で入ってくるし、布団を二枚干せば外から絶対に見えない空間が生まれるから、全裸で実行しています。翻訳で煮詰まった時、これ以上の気分転換はないですね。問題は、煮詰まっていない時もついついベランダに行ってしまいます。困ったものです。


気分一新

テンプレートを変えました!
なかなかいい感じです。

お世話になっている翻訳会社から通訳の打診が来ています。
決まったら数年ぶりの通訳ですね。
わくわくです。

息子も留守番を頼めるぐらい大きくなったから、
これから少しずつ仕事の幅を広げていけばと。

ちなみに、GWはこんな所に行った。
さる 

初めてなのにこの登りっぷり。
ちょっと才能あるかも?!(親ばか中)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。