静かにかき混ぜながら


無性に麻婆豆腐が食べたくなった。

その素と材料を買ってきて作ったけれど、作り方にちょっとツボに入った表現があった。


IMG_2547.jpg 


静かにかき混ぜながら。
静かにかき混ぜ。

最初に読んだ時に、なんか変わった書き方だなと思った。しかし、作っていきながらそのステップに入ると、ふと納得した。

普通なら、軽くかき混ぜながら…、もしくは軽くかき混ぜ…と書くほうが多いだろうけど、「軽く」という力加減は人それぞれだし、普段あまり料理する機会がない人にとって、その軽さの程度もちょっとわからないかもしれない。

この作り方通りに、音を立てないことを意識してヘラで鍋の中の材料をかき混ぜる時は、本当に軽~くかき混ぜるしかない。静かにかき混ぜようとすると、自然に軽くかき混ぜることになる。力加減もまさに音を立てないほどの軽さ。

味も書き方もうまい麻婆豆腐だった。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。