FC2ブログ


不思議でリアルな夢を見た。忘れる前に書いておく。

息子と電車で都内の小石川後楽園に行くところ、電車は何らかのトラブルで走っていないため、タクシーに乗ることになった。そのタクシーは何故か大型バスで、運転手さんは村上春樹だった。そう、作家の村上春樹さん。

僕と息子は一番前の席に座り、他の乗客は誰もいない。バスは走り出し、市街地を抜け、高速道路に入った。とても安定した走りだった。

実は、バス(タクシー?)に乗る前に財布を心配していた。そんなに急いでもいないのに、なしてタクシーに乗ったのだろう? もう少し待てば電車に乗れたのに。村上春樹さんの運転する大型バスがスムーズに進んでいくにつれて、僕の心配もだんだん濃厚になっていく。

恐る恐る村上春樹さんに聞いてみた。あの、運賃は今いくらになってますか? 4万6千円と、彼は答えた。 小石川後楽園まで大体いくらになりそうですか? 10万円ぐらいかなと、彼は答えた。

僕の財布は1万円ちょっとしか入っていなかった。バスは高速道路を出て、辺鄙な所に出た。僕はバスを道端で止めてもらい、村上春樹さんにお願いした。すみません、お金は今度あなたが〇〇に来た時に必ず返すから、ここで下してくださいと。村上春樹さんはOKしてくれた。

見た夢はここまでだった。ここまでだったか、その後何も覚えていないだけだったか、わからない。村上春樹さんがすごく大きなバスを運転して僕と息子を運んでいたことだけは確かだった。


スポンサーサイト