スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

殺気の出し方

今日4限と5限の間に3階の教室へ移動している時、去年僕の英語を落としたせんせが階段をのぼってきた。ヴっ…、まずい。

顔を会わせるのは凄くツライので、とりあえず気付いてないふりをして、なるべく目の焦点を遠いところ(壁の向こう)に当てて、何とか無事にせんせとすれ違った。さりげなくちょっとした殺気を感じさせたかったけど、うまく出せなかった。

img20060516.jpg

                 ↑ 目で殺気を出す見本

この人はWBCに出場した台湾の左腕エース、「郭泓志」。メジャーのどっかのチームの1~2Aに所属している。結構キレのあるカーブを投げられる。体型はパウエルにそっくり。試合を中継する日本のテレビ局のアナウンサーは彼の顔を「面構えが凄い」と言っている。なるほど、これは面構えというんだ。僕はこの面構えをしたら、たぶん、殺気でもなんでもない。ブサイクだけ。


ところで、今日のキャンパスは何故かたくさんの蒲公英の花が綺麗に舞い上がっていた。よし!川柳で表現してみよう。


キャンパスを飛ぶたんぽぽは雪みたい


小学生レベル…

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。