第二言語の干渉?

気のせいかもしれないけど…

来月の雑誌の特集を漢語で書いている。編集部の人にも分かるように、同時に日本語で書かなければならない。自分の書いた原稿を日本語に訳す作業を行っていくうちに、あることに気が付いた。

私の書いた漢語の文章は、大体、文の順番や構造などを組み立てなおす必要がなく、そのまま日本語に訳せる。でも、日本語が全く分からない人の書いた文章は、自分が訳す時に何らかの再構成をしないとなかなかうまく行かない。

知らず知らずに、私は日本語の「思考」で漢語を書くようになったか。でも、私の日本語はところどころで漢語の影響が見受けられる。

どちらも中途半端だと、ちょっとやばいな…

コメント

非公開コメント