台湾のニホンゴ

古い話です。

今年の春休みに一時帰国しているとき、ティッシュ箱に印刷されている日本語を見て苦笑してしまった。

img20060510.jpg

ダイワソ イシパン
タイワン イチバン→正解

八つのカタカナに四つが間違っている。正解率50%。ひどいな。

「ン」を「ソ」に、「。」を「”」に見るわけはまだ分かるけど、「”」のない所に「”」をつけたり「チ」を「シ」に見たりするのは理解不能。「台湾一番」になりたいなら、せめて正しく書いてくれよ。

台湾ではずっと前から日本語ブームになっている。商品の包装やお店の看板などには、日本とは全く関係がないにもかかわらず、とにかく日本語の文字をつけてしまう。そうすると、なんとなくカッコウよく見える。でも、間違った日本語はやけに多い。何故だろう。

去年、妹の旦那さんは会社の日本語パンフレットを作りたいと言って僕に頼んだ。でも、僕とうちの奥さんが訳した原稿は台湾の印刷会社によってパンフレットに印刷されたあと、日本語が間違いだらけになった。たぶん、問題は印刷にあると思う。


ところで、昨日頂いたコメントにこんな質問があった。

眠気防止グッズ「緑油精」ってなに?

そうですね。お答えします。

img20060510_1.jpg

これです。台湾でこれを知らない人はいないと思います。日本で言えば、キンカンみたいな国民的なものです。

緑油精は一応虫刺されなんですが、車酔いとか船酔いとかにも利きます。強烈な薄荷の匂いがしますので、眠い時に鼻の下にちょっと塗れば、目がパッと覚めますよ。

コメント

非公開コメント