スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがたいけど…

去年一年間受けた乳幼児医療保険の明細が届いた。なんと七万円も国に払って頂いた。びっくりした。日本の子どもは小学校に入る前に医療費がまったく要らないと初めて知った時にも驚いたけど、もしこういうシステムがなかったらさぞ大変だろうなと改めて思い知った。

去年の11月のある深夜、息子が急に高熱を出してぐったりしていた。私たちは慌ててタクシーで救急に連れて行ったが、病院に着いたら息子が何故かすっかり元気になった。申し訳なさそうにお医者さんに診てもらってお薬も出してもらった。診療時間はたぶん3分もかからなかった。往復で七千円近くのタクシー代が痛かったけど、無事で何よりという心境だった。でもその3分間の救急診療費は実は一万円以上だった。国が全部出してくれたのだ。

ちょっと税金の無駄遣いをしたような気がした。子どものぐったりと熟睡(爆睡)を見分ける能力を身に着けないとね。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。