スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪崩と紙袋

午前中に翻訳の依頼が雪崩のように流れ込んできた。その中の番組表をやっている時に面白いなと思ったのは、ドラマのタイトルの翻訳だ。

「ドラゴン桜」は台湾でどう訳しているか知ってますか。

「東大特訓班」。凄く分かりやすい。確かに「龍櫻」だとまずいね。

それで、平山あや(だれ?)が出演した「はるか17」は、台湾ではなぜか「蜜桃17」というチョイエロのタイトルになっている。就職活動で失敗を繰り返した22歳の女子大生が17歳のアイドルとして芸能界にデビューするという話だそうだ。原作の漫画を読んでみないと分からないな。

話題が変わるけど。

先週のある日、お弁当をなかなか風情のある紙袋に入れて学校に持って行った。夜、うちの奥さんは僕がお弁当箱をその紙袋から取り出すのを見て笑った。

「あの、これは何の店の紙袋って知ってる?」

img20060415.jpg


うむ。この紙袋は確かに見覚えはあるような気がするけど、思い出せない。

「吉祥寺のあの下着屋さんだよ」

えええっ!マジ?困った

大学のキャンパスで女性の下着屋さんの紙袋を持ち歩いてしまった…。
トホホ。

というわけで、紙袋を選ぶ時にくれぐれも気をつけてください。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。