スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試験と映画

日曜日に全養協の日本語教育検定試験を受けた。新宿で。

自分が教師の仕事に向いてないような気もするけれど、先生と友達にすすめられ、とりあえず資格を取っておいても悪くないと思った。それに、二年間勉強してきたものをちゃんと覚えているかどうかも、知りたかった。受験料もそんなに高くないし(重要)。

会場の向こうにこんな看板があった。
img20060327_2.jpg

しあわせ銀行
(地図によれば山形県の地方銀行らしい)
いいですね。ここで貯金したら、「幸せ貯金」とか「幸せ通帳」とかになるじゃん。縁起良くない?!

びっくりしたのは、この試験に強く誘ってくれた友達は僕と同じ会場で、しかも同じ教室で、しかも僕の後ろの席だった。なんちゅう偶然だなあ。
img20060327.jpg

試験の前に、その友達が縁起のいいお菓子を二個ずつくれた。

Kit Kat  → きっと勝つ!
100%  →満点!(難しいけど)

へえ、こんな意味があるんだ!台湾の大学でも試験の前に友達同士とお菓子を贈り合う習慣はあるけれど、お菓子の名前まで考えることはない。もらって本当に嬉しかった。

午後一時に試験が終わり、うちの奥さんとその友達と三人で近くの大戸屋で食事した。僕は安くて美味しい大戸屋がとても好き。行ったらほとんどねぎ塩の鶏肉定食にする。

友達と別れた後、妻と久々に映画館に行った。新宿駅周辺をきょろきょろ(妻に何回もきょろきょろしないでって注意された)と歩き回ってる時、凄そうなものを見た。

img20060327_1.jpg

北島三郎特別公演

こんな大勢のおじいちゃんとおばあちゃんが集まっているのは初めて見た。ちなみに、「三郎」の読み方は「さんろう」ではないようだ。何だっけ??思い出せない…

二、三軒の映画館を回ったあと、李連杰の主演した「SPIRIT」を観ることにした。妻が李連杰の大ファンだから。好きな俳優のアクションってやっぱり大画面で見なきゃ!それにしても、東急レクリエーションの「ミラノ座」は大きすぎるわ。壮観と言ってもいいぐらい。

映画が始まって、僕は目を丸くした。
・・・・・・

スピリットって「霍元甲」のことか!ちっっとも思い寄らなかった。そういえば、周杰倫(JAY)の歌がこの映画に使われていると聞いたことがあるけれど、ないじゃん。

僕は日本語の字幕を見なくても分かるけど、字幕翻訳の仕事をしていたのでついつい字幕に集中してしまう。「なるほど!これはこう訳すればいいんだ!」とか「ここはちょっと違うじゃない?」とかという変な具合に映画を観ている。アクションだから別に疲れはしないけど。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。