台湾美食写真

ただいまー。

日本に戻ってきて体重を量ってみたら、4キロも太っちゃった。困った平均すると一日800グラムのお肉が体のどこかに増えたということ。恐ろしい。台湾の食べ物、あまりにも恋しかったのでついつい食い過ぎってしまった。

ま、という訳で、一体僕が何を食べたのかを紹介しよう。

台湾美食写真展↓

img20060302.jpg

我が家の昼ごはんです!野菜はほとんどうママがお世話している菜園から採ったやつだから、新鮮で美味しい。一番上の料理は、僕の大好物である「糖酢魚」(タン・ツウ・●→ウの口でイを言う)。糖酢魚のソースをご飯にかけたら、ご飯は五杯食べられる。スープは大根で、真ん中の小皿は醤油が予め詰め込まれた豚のレバー。


img20060302_1.jpg

淡水の老街にある夜市の屋台です。写真の左側を注目してください。はい、そうです。チョコレートの滝なんです!いや、僕もはじめて見たよ。果物はいちご、ミニトマト、…白いものはなんだっけ?とにかく、極限に甘い。


img20060302_2.jpg

台湾のどこにもある、朝ごはんの店のものです。左側の上から見ていくと、煎餃(焼き韮餃子)、菜包(しょうろんぽうよりやや大きめで、中身は野菜のみ)、大根餅、蛋餅(卵と小麦粉のオムレツ)。右側のものは日本語でなんというかな?焼餅(右)と…小麦粉の揚げ物(左)。


img20060302_3.jpg

花枝(ファー・ヅー)は、イカのことです。写真はメニューの一番右側のものです。台北の名高い観光名所である士林夜市より。


img20060302_4.jpg

牡蠣(かき)と卵のオムレツです。メニューの左側から六番目。40元(約143円)。妹の旦那さんによると、この店の牡蠣と卵のオムレツは一番美味しいらしい。うん、美味しかった。ちなみに、メニューの暈けた部分は僕が写真を加工したのではなく、もともとこうなっている。


まだまだ美味しいものがいっぱいあるけど、ここでは一つの記事に五枚の写真しか載せられないため、残りを第二弾にします。お楽しみに!ラブ

コメント

非公開コメント