見えてきたもの

この間、「日本語学習の世界に身を置いて、見えてきたものって、ありますか?」という興味深い質問を尋ねられた。ふむふむ。

ある、と思う。

ある先生から聞いた話だけど、人間は異なる言語で話す時、その言語の「性格」によって、自分の「性格」もその言語にあわせるように変わる、という。何故かと言うと、一つの言語を話す時にその言語の「社会的なルール」(例えば、ポライトネス)を守らなければならないから。

何だっけ?言語の「エゴ性」かな。

というわけで、中国語を喋っている時の私と日本語を喋っている私とは、「何か」違うはず。その「何か」は、見えてきたものの一つだと思う。言葉にするのは難しいけど。

コメント

非公開コメント