日本のなぞなぞ

よく料理をしながらラジオ(いつもTBS)を聞く私は、最近、日本のなぞなぞを好きになった。

番組の中で、聴衆の投稿したなぞなぞをDJが読み上げる。

「九月の草花とかけて、隣の踊りととく、そのこころは?」
きくばかりだ。」   
(大辞林より、『こころ』)

「きく」の発音は、「菊」と「聞く」に解釈できるので、こういうなぞなぞが成り立つわけ。面白いなぁと思って、自分も作ってみた。

『でかい本棚とかけて、一人のカラオケととく、そのこころは?』


つまらない


簡単すぎるかな。

コメント

非公開コメント