入魂のスープ!

午後の授業は休講だったので、家でこつこつとたまっている翻訳の原稿を消化し続けた。まあまあ順調に進んでいる時に、ラーメン屋さんの広告の「入魂のスープ」というキャッチコピーに困った。

ある事に全精神を傾注すること。「一球入魂」→松坂! 
(スーパー大辞林より)

うむ…、中文にどう訳すればいいだろう。困った

「魂を込める」に当てはまる上で、限られている文字数にぴったり合う言葉が僕は思いつかない。結局、「用心的好湯」(心を込めた美味しいスープ)に訳すことにした。ま、いいか。そんなに悪くもない…はず。

明日から学園祭だけと、夏休みに通っていた会社で字幕翻訳の仕事を手伝うから、行かない。よし、精一杯稼ぐぜ!

コメント

非公開コメント