スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素敵な古本屋さん

今日はとてもいい天気だったんで、妻と一緒に西荻窪を散策した。ええ、荻窪の隣りの駅。

西荻窪はちょっと不思議な駅だ。中央線の駅なのに、休日に入ると中央線の電車が停まらない。休日に行くならのんびりとした総武線に乗り換えるしかない。平日に中央線の電車が停まるけれど、乗ったり降りたりする人があまりないらしい。何故か知らないけれど、東京都内のJR一日乗車券(730円)の使用範囲がここから始まる。

駅の周辺には、ごく普通な商店街や中華料理屋やパチンコ屋があった。さらに遠くまで行くと、閑静な住宅地に入る。私たちはベランダに干してある色々な布団を眺めながら歩く。1軒の常連しか知らなさそうなお洒落な喫茶店を通りかかる。それで、ある静かな古本屋さんが目に入った。

img20051024.jpg

興居鳥屋(島屋?)
ここで婦人之友社の『こねてたたいて焼きたてパン』を買った。最近うちのオーブンレンジはずっとベンチを温めているので…。(オーブンレンジは野球できるか!)

img20051024_1.jpg

古本屋さんしか漂わない匂いが好き。

img20051024_2.jpg

オレンジ君という高校時代の友人がカメラマンをやっている。オレンジ君というあだ名は僕が勝手につけたけれど。僕は彼の写真の「味」が結構好きだから、真似してこの写真を撮った。うむ、やっぱり違うな。落ち込み

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。