スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豚の解体ショー

夏休みに帰省した時に撮ってきた写真。中元節の「神豚」(記事はこちらへ)はお祭りが終わったあと、すぐにその場で解体され、近所さんたちに配られる。

学校のせんせのある友人は、台湾の中元節の写真にかなり興味があるそうなので、僕は「神豚」の解体ショーの写真を公開することに決意した。

でも、見たことの無い方にとっては、その画像はかなり
リアルで怖い
かもしれないので、
「続きを読む」をクリックする前に、よーく考えてくださいね!

img20051008.jpg

台湾の田舎では、こういう光景に馴染んでいる子供が多い。(田舎出身の僕は初めて見たけど…)


img20051008_1.jpg



img20051008_2.jpg

ぶ…ぶ…ぶ…ぶたの表情が見えてますけど…困った


img20051008_3.jpg

神豚の肉を待っている近所さんたち。観客席まで用意されているとは!

因みに、このサイズで、一頭の「神豚」の相場は、大体いくらだと思う?当ててみてくださいね。答えは…↓


















3万2千円。日本のスーパーで売っている豚肉より全然安いけど…

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。