下妻物語

img20050914.jpgここんとこ、ほぼ缶詰状態で夏休みの宿題と翻訳の仕事をやっている。ちょっと気分転換しようと思って、先週のある日は、茨城に行って「下妻物語」のロケ地を自転車でぐるぐる乗りまわった。

秋葉原からピカピカの「つくば・エクスプレス」に乗り、常総線の守谷まで800円。それで、守谷から下妻まで片道でなんと900円(10駅)!ほえ~!ここはイナカじゃないの?ええ値段だなあ…困った1500円の常総線一日乗車券はあるけれど、休日しか売っていない。仕方がなくちょうど同じ値段の往復お得きっぷを買った。

img20050914_1.jpgこれは関東鉄道の常総線の電車。なんかどこが違うなあって気が付いてない?
そう、上に電線がない。だから「電車」ではなく、「汽車」って呼ぶかな?車両の上に煙突があって、発車する時に煙がプンプンと出てくる。懐かしいね。



img20050914_2.jpg下妻駅の改札口を出たら、いきなり映画「下妻物語」の最初に出てきたテレビが目に入った。今やこういう看板に囲まれてるテレビはなかなかないよな。












img20050914_3.jpg

映画の中で、深田恭子(フカキョンだって!)がココに座ってテレビを観ていた。

img20050914_4.jpg

下妻駅には無料レンタル自転車が五台置いてある。これは大変ありがたい!身分証明書を駅員に見せたあと、尾崎の「15歳の夜」を歌いながら下妻の田んぼを走ろう。気持ちいいよ!

盗んだバイクで走り出す →イメージトレーニングです
行く先も、分からぬまま...音符音符

あれ?一つの記事に写真は五枚しか入らないか。
というわけで、「下妻物語2」をお待ちください。走る

コメント

非公開コメント