スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中元祭りの写真?

水曜日はおばあちゃんの家に行った。そこではまた中元祭りの行事が行われて、色々な面白い写真を撮ってきた。どうぞご覧ください。

img20050826.jpg

あっ、すみません、いきなり妹を登場させてしまった。びっくりしたんだろう?僕とは違って、かなりの美人だから、顔は見せません。ハハハハ。とりあえず、妹の持っている「果物」に注目してください。「えっ?!クダモノ?」そう。実は、僕も初めて見たけれど。母に聞いてみたら、「波羅蜜」(ボ・ロ・ミ)というんだって。台湾には、いろんな訳わかんない果物があるんだ。

img20050826_1.jpg

新しく建てた橋の下でお祭りが開かれた。台風11号(台湾では海棠台風という愛称を付けられている)が来ているときに、洪水の水面が橋とほぼ同じ高さまで上がったらしい。

img20050826_2.jpg

ゴージャスな蝦柱!!後ほど、炒められて食卓のおかずになって、みんなのお腹に入った。

img20050826_3.jpg

その町(いくつかの近所さんという程度の集まり)の中元祭りの「主催者」になった家は、一匹の豚を買って供物にする義務が付けられている。お祭りが終わったら、その場で豚が分解されて肉が近所さんに分けられる。僕はテレビでしか「マグロの解体ショー」を観たことがないけれど、その「豚の解体ショー」を現場で観た。解体の過程を撮ったけど、画像が怖かった。日本の皆さんにそれを見せたら、豚丼が食べられなくなったという苦情が殺到するかもしれないので、やめとく。

img20050827.jpg

線香を挿すところを「香爐」(シャン・ル)という。香爐の中にはお米が入ってる。線香の灰はいっぱい落ちるけれど、そのお米を洗えば問題ない(...はず)。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。