大同電鍋

050218_0954%7E01.jpgこの間、台湾に帰る留学生から譲ってもらった炊飯器である。台湾の一般な家庭には必ずある。色々な機能がついている日本製の電子炊飯器も大人気だが、この古き炊飯器は独特な炊き方を持っているから今でも台湾の人々に愛用されている。
メーカは台湾屈指の電気製品会社「大同公司」。台湾では、「電鍋」って言ったら「大同電鍋」しか頭に浮かばない、ほぼ代名詞なのだ。ちなみに、現在の電子炊飯器と区別するため、この古き炊飯器を「電鍋」、電子炊飯器を「電子鍋」と呼ぶ。

050218_0956%7E01001.jpg構造は非常に簡単だ。小量な水を入れ、電鍋が発熱して水を蒸らして水蒸気でお米を炊く。電子炊飯器で炊いたご飯とは風味が一味違う!
でも、僕はコレを求めた最大の理由は、「漢方薬鶏スープ」を食べたいから。鍋に台湾から持ってきた漢方薬や丸鶏や水や米酒を入れ、ラップをかけて、そして電鍋で蒸らすだけ。子供の頃母がよく作ってくれた。日本でお袋の味が再現できるなんて最高~!笑い

コメント

非公開コメント