広辞苑V.S大辞林

つい先週に涎を垂らすほどの「大辞林電子辞書」を買ってしまった。
自慢じゃないけど、同時に広辞苑と大辞林の電子辞書を持っている人がそんなに多くはないだろう。
日本語中毒?!
早速使ってみると、
「すげー!『京都議定書』も載ってるんだ!」って叫びたくなる。
さらに、「チャラ男」、「きもい」、「ありえない」、「おれおれ詐欺」、「着信拒否」など、
現代的な言葉も出てくる。

現在、電子辞書の主流はやっぱり広辞苑だから、
それなりの長所があるかもしれない。
しかし、日本語学習者の立場から言えば、
僕は大辞林を勧める。
例文を見れば分かる。
広辞苑の例文は大体「源氏物語」、「平家物語」、「万葉集」等の古書から取り上げられる。
普通の留学生にとってはチンプンカンプンだ。
逆に大辞林の例文はより日常的、生活的、身近的。
電気屋さんに行ったら是非試してみてください。




コメント

非公開コメント