スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GW

 
台湾に行って来た。

出発の前日、いつも元気な息子が熱を出していて、ぐったりしていた。最悪の場合はチケットをキャンセルして行くのをやめようと覚悟していたけど、午後と夜たっぷり寝かしておいたら、熱が下がっていつものように元気になった。

桃園空港の検疫ゲートで呼ばれたのは僕だった。37.8度といわれたけど、風邪を引いていないし体の具合も全然問題ない。そもそも体温が高いほうで東京から来たって伝えたら、検疫の人が「水をよく飲んでください」とアドバイスして通してくれた。僕の前の男性は38度といわれたあと、訳一つ聞かれることなく、そのまま検疫室に連れて行かれた。危なかった。

雪山トンネルのお陰で、直行の高速バスで台北から実家の宜蘭まで一時間ちょっとで行けるようになった。でも、ゆっくりと東海岸の景色を眺めたり駅弁を食べたりしながら帰りたかったので、二時間半かかる汽車に乗ることにした。同じ車両に日本人観光客がたくさんいて、全部「瑞芳駅」で降りた。きっと「悲情城市」のロケ地「九(イ分)」かローカル線の「平渓線」に行くに違いない。

運転に慣れてきたあと、実家での四日間は車で近場の懐かしいスポットを一通り回った。昔はものすごくローカル的で静かなところばかりだったけど、やはり雪山トンネルのお陰か、バスツアーやタクシーなども来るような観光名所になっていてびっくりした。

最後の二日間は「九(イ分)」にいって、台北の親戚に泊めてもらって市内を散策した。数年ぶりの台北の街はちっとも変わっていない気がするけど、何だか新鮮に見えた。バスの運転は二歳の息子が「たいわんのくるまははやいネ~」とコメントしたぐらい荒かった。




車内販売の駅弁(台鉄弁当) VS 福隆駅のホーム駅弁(福隆弁当)


? 台鉄弁当 60元      ※台湾のバイトの時給は70元~100元程度。








?福隆弁当 60元   (10元高くなった)







間違いなく、福隆弁当の勝ちです。







悲情城市    九(イ分)
LOMO LC-A + FUJICOLOR SUPERIA 200














「お兄さん、きれいに撮ってね。」







来年からGWの里帰りはやめよう。家族三人のチケット代はうちの4か月分の家賃だった...


コメント

非公開コメント

ちまきさん
「さん」を付け忘れた!すみませんでした。

ちまき
ありがとうございます。勇気を出して彼女の写真を撮って本当に良かった。ちょっと緊張してピントが合わなかったけど…
もうGWに台湾に行きません!(泣)

やっぱりこの時期のチケットは高いですね~
10年位前、旧正月にアメリカに行ったんですが、
往復チケットに(台南の)給料1ヵ月半分かかりました(^_^;)

最後の写真、ナイスショットですね♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。