スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ただいま


ぎりぎりでまあ許容範囲という感じのチケットを何とか取れたんで、かみさんも一緒に金曜日出発の便で台湾に行った。日曜日に一人で先に日本に帰らなければならなかったけど、土曜日は日本の大晦日に当たる一番大事な「除夕夜」を台湾の家族と一緒に楽しめてやっぱり良かった。空港でママを見送る時にちびが「行かないでー」って泣き叫んだりするじゃないかと心配していた。でもちびはあっさりと手を振って「バイバイ」しただけだった。偉いぞ。

除夕夜の食事はこんな感じだった。


年夜飯
新聞紙は健在だ(笑)


キムチ鍋は社員旅行で韓国に行ってきた妹のお土産で作ったんだけど、ちっとも辛くなくて酸味が強かった。それ以外は全部お馴染みの母の手料理だったよ(出来合いのものも少し混ざっているけど)。ちょっとズームアップしようか。



058.jpg
日本に帰ってきたあと、ちびが「パパ、アーマー(おばあちゃん)みたいに黒い海老を赤い海老にするやつを作って」って注文するほど美味しかった。殻を剥くのが面倒くさいけどね。



059.jpg
イカとパプリカの炒め物


060.jpg
大根スープ。大根の台湾語発音は「(好)彩頭」という縁起のいい言葉に近いのでお正月料理の定番になっている。


061.jpg
これも欠かせないね。野菜の名前が思い出せないけど、葉っぱが長いことから「延年益壽」という長寿の願いを込めて。


052.jpg
豚角煮


053.jpg
自家製ソーセージ


054.jpg
野菜ときのこの炒め物


055.jpg
盛り合わせ
12時方向から逆時計回りして行くと、
レバー、豚腹(かな?)、鴨の燻製、激辛韓国キムチ(これは涙が出るほど辛かった)、金棗(日本語分からん)


056.jpg
切ってある鳥の丸焼き



057.jpg
「年年有魚(餘)」。毎年お金が余るようにね。




コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

いいえいいえ、お気になさらないでください。
息子はとても元気ですよ。ただ私の実家だけが台湾だと思い込んでいるらしく、外にいると「いつ台湾に帰るの?」って聞いてくるんです。「今見えてるところ、全部台湾だよ」って教えてもなかなか理解してもらえません。いつか分かってくれるからまあいいか。

hello, your food looks delicious.
please invite us to go with you next time.
andy and his pupils.
あんでぃ

「延年益壽」那個菜叫做「刈菜」,
台語"掛彩",或「長年菜」

阿計
對對對!「刈菜」啦
是說,我的日文部落格你也有在看哦?
而且竟然還看得懂?猴腮雷啊.....

你這個網址有在我版留下腳印
這是第一次發現然後意外連過來的
日文我看得懂才有鬼
別忘了網路有全頁翻譯功能
(當然那鬼翻譯也幾乎看不懂就是了...)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。