スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水餃子のおすすめ


僕は毎週餃子を作る。なぜかというと、三歳の息子はよく食べるからだ。週末に40個を作っておいて、週2、3回のペースでご飯のおかずとして食卓に出す。焼き餃子じゃなくて、水餃子。この一品があると楽ちんだよ、本当に。肉も野菜も入っているし、料理する時も冷凍庫から出して茹でるだけ。忙しい時はご飯とこれだけで何とかなる。だから子育て中のパパとママたちにお薦めしたい。普段食べてくれない野菜も、餃子にしてしまえば全部食べてくれる。たぶん。少なくとも息子はそうだ。


材料(40個):
豚のひき肉 約200グラム(※目安は1個5グラム)
キャベツ 1/4切りで売っているやつ
ニラ 1/2~1束
ごま油 適量
塩胡椒 適量
生姜 適量
市販の餃子の皮 40枚(大判、なるべく厚め)



ひき肉は、牛肉は絶対だめ。合挽きもだめ。鶏肉は…やったことがかいからわからない。とにかく牛肉は水餃子に合わない。


作り方:
① キャベツとニラを細かく刻む。みじん切りまでは要らない。むしろ大きめに切ったほうが食感がいいよ。
② ①の野菜と豚のひき肉を大きなボウルに入れ、ごま油を糸を引くように垂らしながら満遍なくばら撒く。塩胡椒も軽く振りながら満遍なくばら撒く。生姜はおろしながら入れる。ごま油も塩胡椒も生姜もお好みで調整してよい。
③ 清潔なビニール袋を被った片手で②をよく混ぜる。後は包むだけ。
④ 包んだ餃子を打ち粉をひいたお盆かお皿に並び、冷凍庫に入れる。固くなったあと保存用の袋に移して冷凍保存食に。



凍ったままの餃子を沸騰したお湯で10分茹でればOK。醤油だけかけて食べても美味しいけど、台湾では刻んだニンニクやラー油、お酢などを入れた醤油につけて食べるのが一般的だ。でもこれだと小さい子どもは食べられないから、お醤油だけで十分行ける。②の時点でニンニクをおろして入れるのもありだよ。風邪の予防にも効くし。

お野菜もキャベツやニラだけじゃなくて、白菜、竹の子、しいたけなどなど、いろいろ使える。自分のセンスでいろんな具で作ってみても楽しいと思う。さすがにキュウリとトマトはちょっと??だけど。この間、海鮮餃子に挑戦しようと思って、海老、切り昆布、ちくわで作ってみた。まずかった。非常に、ものすごく。この組み合わせだけはやめといたほうがいい。

はい、以上です。何か聞きたいことがあればどうぞ。

餃子40個の全工程所要時間?僕が最近出したタイムだけど、37分です。

コメント

非公開コメント

こんにちは。
先日は焼き餃子と水餃子用に100個作りましたが大人4人、ビール無しだとまだ食べられますね。
ごま油を入れるって知りませんでした。次、やってみます。
台湾では皮を手作りしないですか?

のさん、こんにちは。
僕はビールなしで食べられないですね。
台湾にいたとき、周りは餃子の皮から手作りする人がいませんでした。というか、母と妹以外、自分で作る人すら見たことがありません。でも、日本に来てから知り合った中国出身の友達は大体きちんと皮から作るんですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。