スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悩ましい


調べれば調べるほど、無性にバズライトイヤーのフィギュアが欲しくなった。

ちびはバズライトイヤー行方不明のショックから立ち直ってはいるけれど、レゴのブロックで作ったつばさを名もなき悪い人のフィギュアにつけて「バズライトイヤー」と名乗らせてバズごっこする。もう、いじらしくてしょうがない。

子どもの頃、あまりおもちゃを買ってもらえなかった。だから、買えるものは買ってあげたい。別にねだられているわけでもないけど、実物大のバズライトイヤーをもらったちびの顔が見たい。

ところで、1対1の映画等身大サイズで、いろんな台詞を喋るバズライトイヤーのトーキングフィギュアは二種類ある。前の古いバージョンと、最新のNEWバージョン。古いバージョンはNEWバージョンの出来より多少見劣りがするけれども、一番肝心な声は映画とまったく同じの所さんボイスになっている。台詞も30種類があると、NEWの19種類より多い。NEWの日本語音声はディズニーランド公認の声優さんというのだが、所さんではない。

普段血液型による性格診断なんか一蹴するけれども、A型の僕は本当に細かいみたい(場合によりますが)。おもちゃの売り場でNEWを実際に押してみて音声を確かめた。注意深く聞かなければ、所さんの声に似てなくもない。でも、所さんボイスのバズライトイヤーが存在しているのを知ってしまった以上、心のどこかにどうしても割り切れないところがある。やっぱり所さんボイスのバズライトイヤーでなくちゃあああ!!!!

ある通販サイトの店長さんに問い合わせてみたら、その優しい店長さんがメーカーさんに聞いてくれた。所さんボイスのバズライトイヤーはもう生産していないそうだ。手に入れたいのなら中古市場で探すしかないって。でも、平気な顔してさらっと三万円以上の値段をつけるところばかり。

ふざけるなって叫びたいところだが、メーカーさんにも一つ文句を言いたい。どうしてNEWバージョンに所さんの声を使わないんだよ?!所さんボイスの古いバージョンもNEWと同じぐらいの値段で売っていたから、「所さんの声は値が張る」というわけでもないでしょ。NEWも映画の所さんボイスだったら、恐らく数倍にも売れていたと思う。

なんだかんだブツブツ言って、結局バズライトイヤーが欲しいのは自分だ。所さんボイスかどうか、3才の子どもには分からないはず。でもさ、思い切って買ってあげて、「バズライトイヤーの声じゃない」なんて言われたらたまるもんじゃないよな。



コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。