年賀状


明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

って今週一体何回言ったんだろうな。

年賀状は一回出すとキリがなくなると思って、今までずっと敬遠していた。僕宛の年賀状は毎年少しずつ減ってはいるけど、それでもあきらめずに送ってくれる人がいる。今年は初めて自ら出した。年賀状だけの付き合いとか、ほとんど社交辞令みたいな挨拶とか、そういう毛嫌いなところを全部頭から捨てて、素直に「年賀状をもらうとやっぱり嬉しい」という気持ちに応えたかった。

六枚出した。以前お世話になった日本語学校の先生やテレビ局の記者、結婚式の通訳を務めさせていただいた友達、会ったことも話したこともないけど何故か八年間も続いているペンフレンド。

かみさんは相変わらず、年末ぎりぎりで慌てて深夜まで三十枚余りをせっせと作った。まともな家族写真がないことに気づき、公園に行って逃げまくる息子を捕まえながら何とか全員の写真を収めることができた。来年こそ早く作ろうと言い合いつつ、たぶん変わらないと思うよね。


コメント

非公開コメント

明けましておめでとうございます

卒業以来会っていない友人たちからは手書きで近況などが書いてくるので、毎年楽しみですよ。

いつも記事を楽しみにしています。
今年もよろしくお願いします。

ありがとうございます!

そうですよね。やっぱり手書きの気持ちが一番嬉しいです。
それにしても、いつもコメントを書いて頂いて本当にありがとうございます。今年は出来ればもう少しまめに書きたいなぁと思っていますので、気が向いたらちょこちょこと覗いてみて下さいね。よろしくお願いします。