動物園


日曜日は東芝科学館に行きたかったけど、開いていないので上野動物園にした。三連休だったからな、ずっと家にこもってもな。天気も良かったし急ぐ仕事もないし。洗濯機の水道が凍っちゃって水が出ないぐらい寒かったが。

十時半に家を出るという目標を設定した。かみさんはお弁当作り、僕は掃除係、息子はアンパンマン係と、それぞれ自分の得意分野に取りかかった。それでも出遅れた。想定内ではあったけれど。家の最寄り駅に着いたらもう十一時半を過ぎていた。

全日本高校のなんとか音楽コンクールがあったらしく、上野駅前の道路を渡ってからあちこちに高校生があふれていた。もう腹ペコだったので、動物園に入る前に桜の木の下で枝見しながらお弁当を食べた。昆布のおにぎり、魚のおにぎり、豚肉のおにぎり。熱いお茶。家でチンしておいたけど奇跡的にまだ温かい焼き芋。これじゃ足りないかなと思って追加して焼いたフランスパン。どれも美味しかった。青空の下の食事はどんな食べ物であっても格別に美味しく感じる。

僕の目当ては大きな動物だった。ライオンとかトラとか象とかキリンとか、とにかくでかい動物を見ないと動物園に来た気がしない性格なんで、小さいやつを適当に眺めながらどんどん大きいほうへ進んでいく。でも猿山だけは時間をかけてじっと見ていた。猿山大大大好きなかみさんに洗脳され、猿なんか見てどうするという僕も猿を見るようになった。確かに飽きないな。ぼーっと眺めているだけで、何故かちょっと幸せな気持ちになる。でかい動物が苦手な息子も猿ぐらいがちょうどいいみたいで、おとなしくぼーっと見ていた。

そろそろパンダがやってくるそうで、名前を募集するコーナーが入り口の近くに設けられていた。帰る前にそこに寄って応募しようと思ったんだけど、なかなかイカした名前を思いつかない。応募用紙をカバンに詰めて家でじっくり考えることにした。その場で応募したら50円の切手を節約できたのになぁと後ろ髪を引かれつつ。


コメント

非公開コメント

おはようございます

猿山は見ていて飽きないですね、仕草や表情も人間に似てるし。
動物も話せたらなぁっていつも思います。
犬には愚痴を聞いてもらいたい。
猫なんかよっぽど世の中のことを知ってそうな顔してますし。。

すみません

↑↑ 名前書き忘れました

のさん、こんばんは。
猫って言えば、うちがベランダでこっそり餌付けしていた猫たちは全部来なくなったな。「世の中のことを知ってそうな顔」ってうまいことをいいますね!あいつら本当にそのような顔をしてました。