落ち着かない


落ち着かない。

地震が起きたとき、家にいた。やっと揃えた二つの液晶モニターを新しいPCに繋げ、よし!やるぞ!と、気合を入れて翻訳を始めようとする瞬間、床から恐ろしい揺れが伝わってきた。地面がぐにょぐにょと波打っているような感じだった。

ドロンドロンドロン。ガガガガガガ。

外に逃げなかった。怖さを必死に抑えつつ、家の中に唯一固定されていない机の前の本棚を押さえ続けた。

整ったばかりのPCとデュアルディスプレーが潰されるのが嫌だったから。一階だからか、結局何の被害もなく、物一つ落ちていませんでした。

しかし後からテレビを見て、言葉が出なくなった。これは今日本に起きていることかと目を疑った。

保育園はいつもの避難訓練のように、防災頭巾をかぶった子どもたちをホールに集め、親たちのお迎えを待っていた。何の混乱もなく、子どもたちもまったく動揺する様子がなかった。感心した。日ごろにやっている防災や避難訓練の成果は見事だった。かみさんは都心から八時間をかけて、甲州街道を歩いて帰ってきた。家に着いた時、時計は夜11時を回っていた。

土日はいつものように過ごしたが、何だか落ち着かない。テレビを見すぎたかもしれない。どのチャンネルも同じように、ぞっとする画面とテロップを流し続けている。日曜日に参加する予定の立川マラソンも中止となったが、自主的に近くの公園をぐるぐる回って21.1キロを走った。2時間を切りたかったが、タイムは2時間4分台だった。それでも落ち着かない気分を飛ばしきれなかった。

今日は輪番停電のはずだったが、みんな一つになって節電しているため電気が足りているか、未だに停電していない。それでもディスクトップの新しいPCで翻訳するのが怖くて、いきなり停電してもバッテリーで動いてくれる古いノードPCで作業している。どれもファンの音がうるさいけど、そういう所じゃない。電気があるだけで有り難い。

それでもやっぱり落ち着かない。ただいままた余震が起きた。これからはどうなるだろう。でも負けるわけにはいかない。日本、頑張れ!

コメント

非公開コメント

御家族はご無事だったのですね。

台湾からの救援物資と緊急救助隊派遣に感謝します。
最大級のマグニチュードを経験したので最大級の努力で日本を立て直します。
頑張りましょう!

ありがとうございます

のさん、こんばんは。
私から「どういたしまして」というのも何だか変ですが、助けあうのは当然です。今出来ることは節電ぐらいですが、日本は必ず立ち直ると信じています。頑張りましょう!

台湾ありがとう。

私は日本語しか分からないので、御礼を言えませんが、台湾の人たちにお伝え下さい。

親愛なる隣国へ。
救助隊、物資、募金等の支援をしてくれてありがとう。
台湾人のあたたかい心に感謝します。
この感謝の気持ちは一生忘れません。
日本は必ず復興します!

私も日本は必ず復興すると信じています

北ちゃんへ
あなたのメッセージを私の中文ブログに載せたら、たくさんの拍手と応援の声が届いています。

http://san2008winter.blog75.fc2.com/blog-entry-231.html

「日本加油!(日本頑張れ!)」

「台湾も921大地震の時に日本から温かい援助をして頂きましたので、私たちも日本の力になりたいのです」

「みんな笑顔で乗り切りましょうね」


微力ですが、北ちゃんの感謝の気持ちは台湾の人々に伝わっていると思います。一緒に頑張りましょう!