スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は銀行員になりたかった(5)



住んでいる所からバイクで一番近い駅に行き、そこから電車に乗って一回乗り換えれば本社の最寄駅に着く。駅のすぐ隣に十階程建てのビルがあって、丸ごと本社のビルだった。辞めるまでの二年間はそこで働いていた。

配属された部署は三階にあった。初めて入った時、目を丸くした。上司も含め、そのフロアに居る三十人ぐらいのメンバーは全員女性だったからだ。厳密に言うと男の人は一人居たが、その人は所謂オネエ系の人だった(後々わかったことだったが)。この部署に配属された新人は私を含めて四人居た。男女半々。男女比が如何に偏っているかは皆さんも想像できるだろう。もはや四面楚歌ではない。八面楚歌である。

我が部署は広々としたオフィスの中に三つの「島」を作っていた。右、真ん中、左。それぞれの島は前方から8~10列の机で成され、一列の机に仕切り付きの四人の席が設けられていた。全ての席に人が座っているとは限らない。空席もあり、資料などの置き場所としての席もあった。一つの島は一つのチームで、それぞれの担当支店のファクタリング案件を管理する。偉い人ほど後ろに座り、ぺーぺーの私は左の島の一番前に座ることになった。

ちなみに、私と一緒に入ってきた男性新人は右の島に配置され、そこのチーム長であるオネエ系の男性が彼の上司となった。私のチーム長はアラサーぐらいの女性で、健康的な小麦色の肌と柔らかい笑顔が印象的だった。私の教育係に任命されたのは後ろに座っている三つ上のお姉さん。中島美嘉に似たような雰囲気をしていた。チーム長とすごく仲が良く、これからの二年間は大変お世話になった。




つづく

コメント

非公開コメント

こんにちは

女性に囲まれた職場って、羨ましいってより大変だったろうなってつい思ってしまう・・・・(笑)

こばんは

振り返れば、その時の自分が羨ましいなぁと自分でも思っています(笑)。当時は何とも思わなかったんですけどね。色々大変な所もあったけど、これから書く予定です。お見逃しなく!なんちゃって。(半沢じゃないから)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。