スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アナと雪の女王


日曜日。

かみさんは仲間たちとミニバスをチャーターして埼玉かどこかのマラソン大会に行き(温泉と飲み会付きで)、僕と息子はちゃりんこで繁華街へ映画を観に行った。

ええ、話題の「アナと雪の女王」。すごく良かった!


松たか子が吹き替えの声を担当していることは耳に入っていたけど、どの役だったのか特に調べなかった。松たか子だからきっと主役かなと思ったけど、実際に観はじめると、主役は妹のアナなのか姉のエルサなのか、わからなかった。松たか子がアナの声なのか、エルサの声なのか、それもわからなかった。その中の一人は松たか子に違いないけど、もう一人の声も歌もすごく良くて、一体誰なんだ??


吹き替えの映画はもちろん声優の顔が頭に浮かばないほうがいいに決まっている。だけど、顔を浮かばせようとしても浮かばないところが、声優としての松たか子の評判の良さを呼んでいるのではないかと思った。

エンドロールを最後まで見てやっとわかった。雪の女王エルサは松たか子。妹のアナはまったく思いもよらない人物。神田沙也加だった。

僕はレ・ミゼラブルのファンだ。帝国劇場で二回観たことがある。神田沙也加のコゼットは生で観て聞いたことがないけれども、二三年前に動画サイトのプロモーションビデオで聞いた彼女の歌声は他のコゼット役と比べて劣っていた。ネット上の評判もひどかった。しかし「アナと雪の女王」の中では、アナ役の神田沙也加は声も歌も完璧すぎた。エルサ役の松たか子よりいいと言っても過言ではない。ミュージカルも含めて、色々なシーンで努力を積み重ねて鍛えてきたかもしれない。本当に凄かった。


吹き替え版を見て、字幕版で英語の「アナと雪の女王」も聴いてみたくなった人は決して僕だけではないと思う。



アナと雪の女王



コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。