スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯医者さん



久々に歯医者さんに行った。

もう何年ぶりだろう。6年?7年?まだ日本の大学で勉強していた頃。たぶん。その時歯の状態はあまりにもひどくて、恐る恐る家の近くの歯医者さんに行ってみたら、すごく丁寧に治療してくれた。あまりにも完璧だったから、もう高枕無憂だと思って歯のことを忘れて悠々自適に過ごした。定期健診の必要性はわかっていても別にいいやと思い続けた。

気がついたら一番奥の歯に虫歯が出来た。深い穴になっていた。まったく知らなかった。もうこれ以上放置できない。歯医者さんに行こうと決意した。

今住んでいる家の近くにも歯医者さんがいるけど、そこはあまり好きじゃない。受付のお姉さんは皮膚だけで笑顔を作る人。目は笑わない。声はよく通るが無愛想。評判がよいらしくて繁盛しているけど、歯医者さんは三人ぐらいいて衛生士さんはもっとたくさんいて、いつも複数の患者をせわしく回りながら診ている。毎回同じ歯医者さんが見てくれるとは限らない。予約の時間通りに行っても時間通りに治療が始まったことは一度も無い。15分~30分ぐらい待たされる。院内は常に人がいっぱいで何だか騒々しい。

なんでこんなに詳しいかというと、息子をそこに通わせているのだ。何しろ、家に一番近いから。診療台にはテレビモニターまで付いていて、横になって治療を受けながらアニメが見られる。お子様には大変素晴らしいシステムだが、ただでさえ騒々しいのにテレビなんか付けるとますますうるさくなる。

引っ越す前のうちの近くの歯医者さんに行くと決めていた。遠くなったが一人で自転車で行くなら全然問題ない。あそこは歯医者さん一人だけで、助手も2、3人だけ。治療を受ける患者は一回一人だけで、診療室に入ったら周りに自分と歯医者さんと衛生士さん3人しかいない。マシンの音とやり取りの言葉しかなく、静かだ。予約の時間通りに治療が始まらないことは一度も無い。待合室の患者はいつも一人かゼロか。数年ぶりに行ったけど、このスタイルはまったく変わっていない。

年内最後の日の予約が取れた。午前10時半と受付のお姉さんは言いつつ、僕の診療カードに書いた時間は何故か午後3時半になっていた。確認してみたら、そのお姉さんはとても照れくさそうに「あれ?何で3時半って書いたんだろう?」と笑いながら謝って直してくれた。「何ででしょうね」と僕も笑った。

家の近くに図書館とコインランドリーがあるというのは僕のささやかな希望である。お気に入りの歯医者さんも加えたい。


コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。