ハンドルネーム

うちの奥さん(村上春樹風)と息子のことを書きやすいように、それぞれにハンドルネームを与えましょう。

水牛。本丸。

話が長くなるから、理由を書くのを省こうと考えていましたが、やはり書いておきます。

牛年生まれ。「水」は台湾語では「ビューティフォー」の意味。つまり、綺麗なお牛さん。

「本丸」はですね、中国語の発音で読むと、完全に台湾語の「おにぎり」に聞こえるのです。息子の赤ん坊時代の頭の形はまるでおにぎりだったから、「本丸」にしました。

そもそもそれは今考えた名前ではなく、中国語のブログではずっと以前からこのコードネームを使っています。それを日本語のブログでも使おうと思っただけです。あしからず。

今日の水牛は本当によく頑張りました。
本丸の野球練習に付き添い。自治会の草むしり。家の掃除。野球大会の開会式付き添い。野球チームの役員会。朝から晩まで飛び回っていました。

私はといいますと、午前中は校了ファイル四本の対応。午後は超高級焼肉屋さんのメニュー翻訳。あとは三食の用意と洗濯と日課の筋トレ。ずっと家にいました。メニューの翻訳は本当に骨を折るので(高級な所であればあるほど)、原価割れの覚悟がないとうかつに引き受けないほうがいいですよ。



コメント

非公開コメント

No title

(八百年沒來逛這裡了)
 
用google翻譯看到:
水牛翻成"布法羅"(是在翻英文嗎?)
本丸翻成"主圈地"(這個以前跟你提過,逛日本古城廓時才知主宅稱為本丸)。
覺得谷哥翻譯實在頗妙。

阿計

阿計
(八百年沒人來這裡留言了)

還好谷大哥每次都翻得很妙,不然一堆譯者都要去賣鴨蛋了。
是說要把水牛跟本丸用在日文裡面,感覺還是有點怪怪的。本丸也跟日文的本丸撞到。以後可能還是不會在這裡用吧。

(哎呀!怎麼有日文數字認證咧?辛苦妳了...)