スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阿蘇くじゅう


日本の国立公園の中で、名前に平仮名が入っているのは一つしかない。

そう。阿蘇くじゅう国立公園。

なぜ平仮名を使うかというと、その地域(大分県側)に「九重」と「久住」という同じ発音の地名があって、どちらを使うべきかという議論があったからという。要するに、喧嘩を避けるために平仮名を使ったみたい。

でもさ、漢字しかない中国語ではどう書けばいいの?

気になって台湾や中国の検索サイトで調べてみたら、どちらも「九重」のほうが多かった。しかし「久住」という表記もなくはない。これはちょっと環境省に決めていただきたいね。中国語の「九重」と「久住」は読み方も違うし、表記も発音もバラバラでは困る。

「阿蘇KUJU國立公園」?英字混じりの中国語はあまり好かれないし、格好悪い。単純に中国語の語呂と字面から見れば、「阿蘇九重國立公園」は確かに「阿蘇久住國立公園」よりグッド。

ちなみに、「九重」は「ここのえ」とも読むらしい。ややこしいな。




コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。