FC2ブログ

申告敬遠


息子が市内の学童選抜チームに選ばれ、最近あちこちの選抜チームと試合をしている。我々が目を見張ったのは、都内のチームの「申告敬遠」だ。

2回ともやられた。

1回目は市内での練習試合。うちの攻撃で、1アウト2・3塁の時。相手は申告敬遠を使って満塁の状態にし、インフィールドフライが成立する状態にした。我々だけではなく、球審も初めて申告敬遠を告げられたようで、一瞬状況を理解することが出来なかった。次のバッターが見事に内野フライを打ち上げ、内野手にキャッチされるまでもなくアウトと宣告された。その次のバッターが三振に倒れ、1アウト2・3塁のイケイケムードがあっという間に萎んだ。

2回目は都内のちゃんとした大会。もっと悔しかった。最終回の5回裏。うちは1対7の6点ビハインドから猛烈な反撃を見せ、試合を7対7と振り出しに戻した。なお、1アウトランナー3塁。大逆転のサヨナラ勝ちが目の前にあった。

と、その時。相手の選抜チームがまた申告敬遠を使ってきた。しかも一気に二人も! 明らかに塁を埋めるのが目的だった。我々はまたしても1アウト満塁にされてインフィールドフライが成立する状態にされた。コーチ陣が2球目でスクイズするサインを出したそうだが、バッターが1球目をうっかり打って内野フライになってアウト(急に二人も飛ばされていきなり打席に立つ緊張さもあったんだろう)。次のバッターがサードゴロでアウト。また絵に描いたように相手の戦術にハマり、目の前のサヨナラ勝ちが引き分けになってしまった。

小学校高学年はインフィールドフライありだけど、正直、まだ内野フライを打つ選手が多くて、内野フライをポロリする選手も少なくない。学童野球で申告敬遠を使い、わざとインフィールドフライが成立する状態にしてピンチをしのぐのは、あまり面白くないじゃないかなと思った。試合時間の短縮や投手の負担軽減などが目的の申告敬遠だが、小学生の野球ではただ手軽に使える「インフィールドフライ製造機」に過ぎない。なんとかならないですかね。


コメント

非公開コメント