お詫び

一週間をかけて「走ることについて語る時に僕の語ること」を読み終わりました。こころの中にささやかな潤いを豊かに与えられました。

後書きの最後に村上さんはこう書いています。


「僕の敬愛する作家、レイモンド・カーヴァーの短編集のタイトルWhat We Talk About When We Talk About Loveを、本書のタイトルの原型として使わせってもらった。こころよく許可を与えてくれた夫人のテス・ギャラガーに感謝する。」



自分の訳した「書名」であっても、ちゃんと許可を得ている村上さんに感心しました。そして、前の記事で私の軽率な発言をお詫び申し上げます。










^^^^^^^^^^^^^^^^

コメント

非公開コメント