スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパーロット

12月28日、台湾全島は49個の数字に酔いしれた。

一口50台湾ドル、1から49までの番号を六つ選んで(プラス一つの特別番号)、全部当たったら高額の一等賞金がもらえるという台湾のスーパーロット(大樂透)。

一等に当たった人がいなかったら、その賞金はキャリーオーバーだ。それで、一等が9回連続「槓龜」だったこのスーパーロット、28日に運命の10回目を迎えた。一等の賞金総額はおよそ20億台湾ドルで、もちろん史上最高金額だ。

*槓龜(台湾語、ゴングー)→文面的には亀を叩くという意味。「スカ」のこと。

20億台湾ドルは現在のレートで換算すると、松坂君を獲得したレットソックスが西武に払った金額を軽々と上回る。しかも、次回からこのスーパーロットを発売する銀行が変わり、キャリーオーバーがゼロになる。つまり、20億台湾ドルが狙えるのは今回しかないんだ。

28日の朝、妹から電話がかかってきた。「ねね、ロット買わない?」買わないわけがないだろう!

普段なら番号選びは店のパソコンにお任せするけど、さすが60億円以上もあるだけに、ついついのりのり気分になってしまい、真剣に番号を考え始めた。

そうだ。この間、任天堂DS-Liteの抽選販売に行って当たったんだけど、その時の当選番号の1から49までの数字にしようか。皆さんの幸運をおすそ分けしてもらおう。

img20061231.jpg

(僕は56番でした笑い

足りなかった数字を自分と妻の誕生日にして、四組の「史上最強明牌」を織り出して国際電話で妹に伝えた。

*明牌(ミン・パイ)→有力な当選番号予想。

抽選は当日の夜八時だった。結局、三人が20億台湾ドルを分けることになった。僕が選んだ24個の番号は四つ当たったけど、一組に一つずつというせつない配分で、見事に亀を四匹叩いた。

ちなみに、前回(12月26日)の一等は誰も当たらなかったけれど、その当選番号は、なんとドーハアジア大会の野球の決勝戦で、日本を破った台湾の先発メンバーとコーチの背番号とお揃いだった。恐ろしい偶然だな。

関連ニース(台湾)↓
http://news.pchome.com.tw/sport/udn/20061228/index-20061228021806035562.html

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。