阿蘇くじゅう


日本の国立公園の中で、名前に平仮名が入っているのは一つしかない。

そう。阿蘇くじゅう国立公園。

なぜ平仮名を使うかというと、その地域(大分県側)に「九重」と「久住」という同じ発音の地名があって、どちらを使うべきかという議論があったからという。要するに、喧嘩を避けるために平仮名を使ったみたい。

でもさ、漢字しかない中国語ではどう書けばいいの?

気になって台湾や中国の検索サイトで調べてみたら、どちらも「九重」のほうが多かった。しかし「久住」という表記もなくはない。これはちょっと環境省に決めていただきたいね。中国語の「九重」と「久住」は読み方も違うし、表記も発音もバラバラでは困る。

「阿蘇KUJU國立公園」?英字混じりの中国語はあまり好かれないし、格好悪い。単純に中国語の語呂と字面から見れば、「阿蘇九重國立公園」は確かに「阿蘇久住國立公園」よりグッド。

ちなみに、「九重」は「ここのえ」とも読むらしい。ややこしいな。




ペーパーレス


今週から生協の注文を紙の注文書からインターネットに切り替えた。配達員に聞いてみたところ、ネットで注文しても、紙のカタログや注文書は無くならず、毎週お客様にお届けするのが会社の決まりだそうだ。(この質問はよく聞かれるだって)

えー?なんで?紙とか印刷費用とかもったいないじゃないんですか?
と、食い下がらない私に、配達員のお兄さんが教えてくれた理由は割と納得のいくものだった。

ネットが使えない時とか、そういう万が一の状況を備えるため、紙の注文書とカタログ・請求明細などは必ず全員に配るという。

うむ、なるほど。言われてみれば確かにそうだ。パソコンやスマホが壊れたとか不調とか、そういう時は紙に頼るしかない。電話注文だって、紙のカタログがないと注文しようがない。一回でも注文できないと困る人もいるだろう。

それにしても、やっぱりちょっともったいないな。毎週あの分厚いカタログたちが届くたびに。ほんのちょっとしか見てなかったし(要らないカタログが多い)、これからネットで注文するから、紙のカタログに目を通す必要はますますなくなる。なんとかならないのかな。


配達員のお兄さんは私と同じぐらいの年で、子どもは二人いる。数年前、うちのちびっ子自転車はもう使わないから要りますか?と声を掛けてみたら、彼は休日に車で家族を連れて来て、自転車をもらってくれた。その下の息子が今年ぴかぴかの一年生になったという。

おめでとうございます!これからもよろしくお願いします!
重いものばかり頼んですみません・・・




昼寝


兵庫の中学校が昼寝を導入したという画像付きのニュースを見た時に、すごく懐かしくなった。

昼寝 
画像ソース:神戸新聞NEXT
記事:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160615-00000002-kobenext-l28

私は小学校から高校まで、ずっとこんな感じで昼寝していた。もっと正確に言うと、台湾の人々は皆こんな感じで昼寝していた。学校では昼寝は強制的なんだから。昼ごはんが終わった後、全員30分寝る。

小学校の時、クラスの学級委員長は教壇にあがり、上の画像のような姿勢を取っていない人の名前を黒板に書く。眠くない人もこの姿勢で寝たフリをしなければならない。私語は言うまでもなく、静かに自習したり本を読んだりすることも許されない。このぐらい厳しく昼寝の習慣を根付かせようとするのだ。

私は全然昼寝がよくて、逆に昼寝出来ない学級委員長に同情していた。何故かというと、自分も学級委員長を務めた時期があって、昼寝出来ないことはいかに辛いことかよくわかったから。

このような「昼寝修行」を小学校で6年間もしたら、昼寝はもう体のリズムの一部になる。中学校と高校は誰かに監視されているわけでもないのに、本当に全員ぐーぐー寝ていた。まさに上の画像のような感じで。寝起きの時に隣の女子に気付かれないように机の上を蔓延している涎をさりげなく拭くのも大変だった。

さすがに大学は昼寝タイムがなかったけど、皆さっさと昼ごはんを食べて次の教室に行って寝てた。軍隊は昼寝タイムが長くてすごく助かった。就職しても、同僚たちと喋りながら30分ご飯を食べて、残りの30分はやはり皆で会議室の机にうつ伏せて寝ていた。

今でも私はほぼ毎日昼寝する。昼寝しない日本は私にはすごく不思議。こんな素晴らしいものをなぜ普及させないんだ?でも、昼寝を断固拒否しても外で元気よく遊びまくる息子を見ると、まあいいや。



紅眼航班

勢いで初めてのLCC航空券を買っちゃいました。
今年の台湾行きです。

しかしやや後悔しています。何故かというと、早朝便+深夜便の往復プランで、行きも帰りも一回羽田空港で寝泊りしなければならないからです。安いとはいえ、普通の航空会社と一万五千円ぐらいの差しかなく、そこまで頑張らなくてもいいじゃないかと、考えれば考えるほど、そう思えてきました。

手荷物10キロ以内。預ける荷物は一件につきプラス五千円だから、無しにしています。こんな厳しい制限ではお土産も持って帰れません。

本丸は空港に泊まることを面白がっていますが、果たしてどうなるのやら。自分も初めてだからさっぱりわかりません。空港内のカプセルホテルは良さそうだが、12歳以下の子どもを禁止しているから使えません。

最悪なのは、八月号の入稿日をすっかり忘れてしまい、台湾行きの日程を大詰めの時期に入れてしまいました。編集長に打ち明けましたが、パソコン持っていてねとの一言のみで、入稿日を前倒しする気はさらさらないようでした。本丸が空港の椅子か持参の寝袋でぐうぐう眠っている間に、私はノートパソコンで仕事をする羽目になるかもしれません。仕事ゼロの状態で台湾にいたいのに。

日程を家族に伝えたら、「紅眼航班ですね」と、妹に言われました。寝不足などで目が赤くなるような早朝便・深夜便のことですね。まさにその通り・・・

まあ、くよくよしても仕方ありません。アドベンチャーの気持ちで、LCCという未知の領域へ挑みましょう。




ハンドルネーム

うちの奥さん(村上春樹風)と息子のことを書きやすいように、それぞれにハンドルネームを与えましょう。

水牛。本丸。

話が長くなるから、理由を書くのを省こうと考えていましたが、やはり書いておきます。

牛年生まれ。「水」は台湾語では「ビューティフォー」の意味。つまり、綺麗なお牛さん。

「本丸」はですね、中国語の発音で読むと、完全に台湾語の「おにぎり」に聞こえるのです。息子の赤ん坊時代の頭の形はまるでおにぎりだったから、「本丸」にしました。

そもそもそれは今考えた名前ではなく、中国語のブログではずっと以前からこのコードネームを使っています。それを日本語のブログでも使おうと思っただけです。あしからず。

今日の水牛は本当によく頑張りました。
本丸の野球練習に付き添い。自治会の草むしり。家の掃除。野球大会の開会式付き添い。野球チームの役員会。朝から晩まで飛び回っていました。

私はといいますと、午前中は校了ファイル四本の対応。午後は超高級焼肉屋さんのメニュー翻訳。あとは三食の用意と洗濯と日課の筋トレ。ずっと家にいました。メニューの翻訳は本当に骨を折るので(高級な所であればあるほど)、原価割れの覚悟がないとうかつに引き受けないほうがいいですよ。



がんばりました

麦ご飯
うなぎの蒲焼
かつおのたたき
山東菜と舞茸の炒め物
かにかまぼこ入り韓国風ニラ玉
キュウリとニンジンのハムサラダ
大根と干し大根と油揚げの味噌汁
ビール(パパのみ)

今夜の晩御飯でした。
三人できれいに平らげました。満足満足。

最近ベランダでの日光浴にハマっています。昼下がりの太陽の光はちょうどいい角度で入ってくるし、布団を二枚干せば外から絶対に見えない空間が生まれるから、全裸で実行しています。翻訳で煮詰まった時、これ以上の気分転換はないですね。問題は、煮詰まっていない時もついついベランダに行ってしまいます。困ったものです。


気分一新

テンプレートを変えました!
なかなかいい感じです。

お世話になっている翻訳会社から通訳の打診が来ています。
決まったら数年ぶりの通訳ですね。
わくわくです。

息子も留守番を頼めるぐらい大きくなったから、
これから少しずつ仕事の幅を広げていけばと。

ちなみに、GWはこんな所に行った。
さる 

初めてなのにこの登りっぷり。
ちょっと才能あるかも?!(親ばか中)


楽しまないでよ


最近、「楽しむ」という日本語がすごく嫌になった。

楽しむ。楽しめる。楽しませてくれる。などなど。

何でもかんでも、楽しむ。
何でもかんでも、楽しめる。

他に表現がないのか?

英語は「enjoy」一つで対応できるかどうかわからないけど、中国語は「享受」だけでは絶対無理。対象によって、言葉の相性によって、文章の流れや構成によって、色々な要素によって様々な表現にしなければならない。なのに、日本語は何かを紹介したりすると、「楽しむ」ばっかり。翻訳していると本当に頭が痛い。そして段々腹が立ってくる。

そんな翻訳も「楽しむ」しかないか。


やり直し


保護者会に行ってきた。

最後に、この一年間、子どものどこが成長したのか、言いたいよね?って担当がいきなり話を振ってきて、担任に一番近い私が一番バッターに指定された。

えっ・・?今までこんなコーナーあったっけ?

と戸惑いつつも、唯一の男性としてひくわけにも行かず、口任せに言った。

ちゃんと時間を組んで宿題をするようになった。
言われるのが嫌なので、言われる前に自分でやるようになった。


なんとかやり過ごしたけど、他のお母さんたちがわが子の自慢発表を順番にしていく時にゆくゆく考えてみたら、さっき言った事は全然出来てないじゃん!!宿題は何回注意してもやらないし、言われないと歯も磨かない。全然違うじゃん。

やり直せるなら、こう言う。

本を自発的に読むようになった。静かだな、向こうの部屋で何をしているだろうと思って様子を見に行ったら大体一人で本を読んでいる。これはこれは!

あと、学校生活をすごく楽しんでいるようで、毎日帰ってくると学校の話を沢山してくるようになった。前からそうだったけど、最近ボリュームがいっそう増えてる。授業で聞いた蘊蓄を語ったり、習ったダンスを披露したり、書いてきた漫画を説明したり、話が止まらない。

はい。以上です。

こう言えば良かったのに。


※3/3の話をタイムマシンに載せて2/29に書いた。すみません。

学級閉鎖


先週水曜日から、息子のクラスはインフルエンザの流行で学級閉鎖を宣告された。どうやら15人を超えたようで、担任まで倒れた。

息子にとっても私にとっても初めての学級閉鎖。本人は元気だから学童クラブは一日面倒を見てくれるけど、このような時期に学童に預けたら相当高い確率でうつるのではないかと思い、ある決断を下った。

三日間ずっと家にいよう。ちょうど翻訳の繁忙期に入ったので、外の仕事を休み、全力で翻訳に集中することにした。息子は切羽詰っているパパが分かってたようで結構おとなしくしてくれてありがたかった。一人で本を読んだり宿題をしたりテレビを見たり玩具で遊んだり。うちはテレビゲームなし(自分はこっそりやってるけど)。

気分転換に外へご飯を食べに行こう!キャッチボールしよう!と、いくら誘っても学級閉鎖だから外に行っちゃ駄目だよと一点張り。本当に人ごみを避ければいいけど、先生の話を素直に守りきろうとする息子があまりにも可愛いので、そうだよね、外はばい菌いっぱいあるからやっぱり家にいようっていうことにした。ご飯作るの面倒くさいからお昼は二日連続外から買ってきたお弁当で済ませたけど、飽きちゃって、三日目の金曜日は自分で作ることにした。もりもり食べた。自分で作ったほうが美味しい。

土日は三日間も閉じ込められた体を思いっきり解放し、野球に打ち込んだ。練習が終わった後も友達とバッティングセンターに行って100キロの球を左と右で打ちまくったらしい。コーチの一人である自分は一日の練習しか参加できなかったけど、久しぶりに体を動かせて気持ちよかった。

そろそろ三月のフルマラソンに備えなくちゃ。